2011.05.23 (Mon)

KAITO&ミクオリジナル曲「カンタレラ」のミュージカル公演決定(雑記)

22日の「ニコニコ大会議2011 in 台湾」では、GACKTさんのがくぼ曲カバーCD発売やニコファーレなど様々な新情報が発表されましたが、その一つとして人気ボーカロイド曲「カンタレラ」がニコニコミュージカルの新作として舞台化されることが発表されました。
舞台は8月3日~8月7日、新宿の全労済ホール/スペースゼロにて公演され、ニコニコ生放送でも有料中継されます。

ニコミュ-カンタレラ 特設ページ
ニコニコ大会議2011in台湾 新発表の内容まとめ‐ニコニコインフォ

今回舞台化される「カンタレラ」は非常に人気の高いKAITO&ミクのデュエット曲で、華やかなルネサンス期イタリア・ボルジア家の実在した毒薬の名をタイトルにした黒うさPのオリジナル曲です。
公式サイトによれば、舞台版のストーリーは

「1495-1496年頃のローマ。
ロドリゴ・ボルジアは、権謀術数を駆使し教皇に上り詰めた。
栄華を極めるボルジア一族。だが、その栄光は空しい。
権力を持てば、人は本当に幸せになれるのだろうか。
ロドリゴの子供たちチェーザレ、ホアン、ルクレツィア、
3人と家伝の毒薬「カンタレラ」の悲劇の物語。」

と紹介されていて、どうやら原曲のイメージをそのまま膨らませた物語になるようです。
また、同じくボーカロイドの人気曲「サンドリヨン」(作詞orange、作曲Dios/シグナルP)と「パラジクロロベンゼン」(オワタP)も「原案協力」として表記されており、この二曲も劇中で曲と設定の一部が使用されるという事のようです。
テーマも作者も異なる3つの楽曲から1つの物語を作り上げるという変則的な舞台化ですが、サンドリヨンは華やかな宮廷と暗殺の物語、パラジクロロベンゼンは毒物名がタイトルで偽善と悪をテーマにした(と思われる)曲なので、たしかにカンタレラと共通する部分も多いかもしれませんね。
ボーカロイドオリジナル曲の舞台化としては、すでに「ココロ」や「悪ノ娘」が舞台化されて話題になりましたが、今回の「サンドリヨン」がどのように舞台化されるのか興味深いです。
詳しい出演者やチケットなどの情報は公式サイト


 『KAITO・ミク』カンタレラ(第二版)『オリジナル』


 【初音ミクKAITO】サンドリヨン(Cendrillon)【オリジナル曲】


 【鏡音レン】パラジクロロベンゼン【破壊系洗脳ソング】


【関連雑記】  
[2010/12/09] 12月11日ニコニコ生放送でミュージカル「ココロ」を無料放送
[2010/03/01] 舞台版「ココロ」東京公演のチケット先行販売開始
[2009/05/31] トラボルタPの「ココロ」が舞台化進行中
[2009/11/21] 「悪ノ娘」2つの舞台化 公演日と詳細が発表されています
[2010/01/21] 2つの悪ノ舞台版・関連動画がそれぞれ上がっています


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

■面白い

ミク
ミク |  2013.01.12(土) 08:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |