--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m
EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.07.16 (Fri)

初音ミクProject DIVA 2nd×アイドルマスターSP公式コラボ発表(雑記)

初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き

セガ 2010-07-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

15日発売のゲーマガ増刊号で発表されて話題になっていた、SEGA「初音ミク -Project DIVA-2nd」とバンダイナムコゲームズ「アイドルマスターSP」の公式コラボについての詳細が「週刊ディーヴァ・ステーション」や「電撃オンライン」でも発表されました。ニコニコ動画で「御三家」と呼ばれる二つのジャンルのゲーム上でのコラボレーションで、まさに公式「Voc@loidM@ster」(ニコニコ動画内で両ジャンルのコラボ作品に付けられるタグ、詳しくはこちらの記事へ)といった感じです。

週刊ディーヴァ・ステーション
電撃オンライン
ITmedia Gamez

コラボは「アイドルマスターSP」の衣装と曲をDIVAに借りる形で行われるそうで、秋に配信予定のDLC(ダウンロードコンテンツ)として収録されることが発表されました。何気に、DIVA 2ndのDLCについて具体的に触れられたのも初めてだと思います。
DIVAのモジュールとなるのはアイマスSPの「プライマリースタープラム」という衣装で、おそらく「アイドルマスターSP」のパッケージに描かれているピンクのステージ衣装の事だと思います。個人ごとに少しずつデザインが変えてあり、今回のコラボでは「天海春香」用の衣装を「初音ミク」、「双海亜美・真美」の衣装を「鏡音リン」、「如月千早」の衣装を「巡音ルカ」が着ることになります。DIVAスレなどでもよく使われる「ちっぱい」ネタの元となった千早の衣装を着るのが、ボーカロイド唯一の公式巨乳であるルカということで、「もちろんサイズ調整しますよw」らしいです。
また、アイドルマスター曲のボーカロイドカバーを使ったリズムゲームも配信される予定で、使用される曲名はまだ発表されていませんが、ソロ一曲とデュエット一曲になることがブログでは書かれています。
ボーカロイドジャンルでは、作者達の高い技術を見る事ができるカバー曲の分野にも人気作品が多くありますが、DIVAにもそういったカバー職人達の作品を収録したいというスタッフの思いから今回のコラボが始まったそうです。ディーヴァステーションによれば「この企画、できれば当時素敵な作品を発表されていたPの方々にもお手伝いして頂きたいと思っています」ということなので、ボカマスの神調教カバー職人として知られる「ハロP」や「ちょいワルP」、初期の有名ボカマスカバーを手がけた「Otomania」さんあたりがカバーするのかもしれませんね。どんな作品になるのか楽しみです。

ニコニコ動画上で御三家と呼ばれるジャンル同士とは言え、全てのDIVAファンがアイマスを知っているわけではないと思いますが、本編ではなくDLCということで、歓迎できるコラボだと思います。アイドルマスターSPの方はDLCの展開ももう終了するそうですが、両ジャンルにとって有益で面白いコラボになるといいですね。


アイドルマスター SP パーフェクトサン(特典なし)アイドルマスター SP ワンダリングスター(特典なし)アイドルマスター SP ミッシングムーン(特典なし)



 VOCALOID2 初音ミクに「GO MY WAY!!」を歌わせてみた
「ロイツマ」の作者としても知られる「Otomania」さんによるアイマス曲カバーで、初音ミクブーム最初期の作品です。当時は発売されたばかりの初音ミクの習作としてのカバー曲が多く作られていて、ニコニコ動画で人気のあったアイマス曲もよく使われていました。その中でも特に人気が高かったのがこの動画です。


 鏡音リン課題曲『エージェント夜を往く』に挑戦しました
VOCALOIDを使って人間の歌声に近づけることを目指すカバー職人の中でも、トップレベルの技術を持つ一人「ハロP」の初期の作品です。ハロPは東方カバーや人力VOCALOIDなど様々な作品を作っていますが、特にアイマス曲を好んでカバーするVoc@loidM@sterの第一人者でもあります。この作品は、発売されたばかりだった「鏡音リン」がアイマスの「双海亜美・真美」と声優が同じであることにちなんで、当時亜美・真美バージョンが人気になっていたこの曲をリンでカバーしています。亜美・真美の独特な発音をリンでうまく再現していて、評判になりました。


 アイドルマスター『隣に・・・』”Piano Anthem” ver. feat.VOCALOID KAIKO
Voc@loidM@ster祭りには必ず現れる名物P「ちょいワルP」のカバー作品です。ちょいワルPは英語VOCALOID「LEON」を使ったネタ作品で有名ですが、カバーの技術も非常に高く、洋楽カバーなど多くの作品を発表しています。この作品はあえてKAITOを女声に調整(KAIKO)して使用していて、特に後半のボーカロイドオールスターによる合唱や高音LEONによるコーラスなど、元曲の歌声のコピーというよりもボーカロイドの特徴を活かして作品としての完成度を重視した名作です。


【関連記事】
「Project DIVA」記事まとめ
「歌姫とアイドルの共演・Voc@loidM@ster」


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : PSP ジャンル : ゲーム

EDIT  |  Project DIVA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。