2010.07.13 (Tue)

角川文庫「あらすじチャンネル」でミクが本を語る動画公開(雑記)

有名人達が30秒で本について語る角川文庫のキャンペーンサイト「あらすじチャンネル」が開設され、20人の有名人の一人として初音ミク(はちゅねミク)が星新一「きまぐれロボット」について語る動画が公開されました。初音ミクはこれまでにも様々なジャンルとのコラボを行ってきましたが、今回は歌やイラストではなく「ミクの喋り」で参加する、角川文庫との珍しいタイプのコラボです。

あらすじチャンネル on YouTube :: 発見!角川文庫
YouTube あらすじチャンネル
ねとらぼ:はちゅねミクが角川文庫であの名作を語る!? キャンペーン動画に登場 - ITmedia


 【発見!角川文庫_あらすじ】動画レスポンス用


 発見!角川文庫_あらすじ_初音ミク_「きまぐれロボット」

このキャンペーンであらすじを語っているのは、サカナクション山口一郎さん(ミュージシャン)、岡本玲さん(女優)、ハライチ(お笑い芸人)、石田衣良さん(作家)、元井美貴さん(気象予報士)、三嵜栄治さん(パティシエ)、山本尚美さん(ファッションデザイナー)、栗城史多さん(冒険家)、金田朋子さん(声優)、MAKOさん(ドラァグクイーン)、森山尚平さん(奇術師)、澤本嘉光さん(CMプランナー)、冲永昌悟さん(医師)、早見あかりさん(モデル)、湯浅弘一さん(代々木ゼミナール数学科講師)、吉田たかよしさん(医師)、小川ももえさん(モデル)、大槻ケンヂさん(ミュージシャン)、郡司聡さん(角川文庫編集長)、矢部潤子さん(文庫ソムリエ)といった豪華なメンバーで、それぞれ関連のあるテーマの本についてあらすじと感想を語っています。
その20人の有名人の一人としてミクも選ばれていて、「初音ミク(ロボット)」が「きまぐれロボット」について語るという企画です。もちろん動画ではミクの声で喋るのですが、難度の高い喋りの調声は「ロイツマ」の作者として知られる「otomania」さんが担当しています。
動画を見ると、登場しているのはグッスマから発売予定の「合金はちゅねミク」で、声も作品に合わせてロボットのような声に加工されています。ボーカロイドに普通に文章を読ませるのは非常に難しいのですが、「VOCALOID-flex」のような技術を使ったり有名トークロイド職人に依頼して人間っぽく喋らせるのではなく、どうやら今回はネタに走ったようですね。「初音ミクにロボットについての本の感想を語らせる」という企画自体がネタっぽいので、これはこれでアリだと思います。
動画内ではミクが感想の合間に一々危険なネタをはさんでいますが、動画を製作したotomaniaさんのブログによると当初はもっと酷いネタを詰め込んだため、角川の担当者からダメ出しを食らったりしていたそうです。いったい何を喋らせようとしてたんだ・・・
ねとらぼの記事によれば、今回の企画に初音ミクが選ばれたのは、中高生など若い世代に角川文庫をアピールするのが狙いだったそうです。ファンの層が幅広く、特に女性や若い視聴者が多いのはボーカロイドジャンルの特徴の一つですが、今後もこういった若い層向けのコラボなども増えていくといいですね。


きまぐれロボット (角川文庫)きまぐれロボット (角川文庫)
星 新一

角川書店 2006-01-25
売り上げランキング : 13406

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【関連記事】
なんでネギ?持ち物戦争(1)


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |