--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m
EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.06.13 (Sun)

今夜帰還する探査機「はやぶさ」生放送&応援動画ピックアップ(雑記)

惑星探査機 はやぶさ (1/32 スペースクラフト NO.01)惑星探査機 はやぶさ (1/32 スペースクラフト NO.01)

青島文化教材社 2010-06-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

数々の「世界初」を達成し、幾多のトラブルに見舞われながらも小惑星の調査を終えて今夜地球に帰還する小惑星探査機「はやぶさ」は、ニコニコ動画でも紹介動画や応援MAD動画などが多く作られて人気があります。中でも、宇宙戦艦ヤマトの「こんなこともあろうかと!」の名台詞のパロディとして作られたこの動画は90万を超える再生数の人気動画です。
ボーカロイドジャンルでも宇宙をテーマにした曲は人気があり、5月に無事打ち上げられた金星探査機「あかつき」応援キャンペーンが行われるなど、熱心な宇宙ファンが大勢います。今回の「はやぶさ」を応援するオリジナル曲やMMD動画も素晴らしい作品がたくさん作られているので、個人的にいくつか選んで貼ってみたいと思います。「はやぶさ」や「ミネルバ」を擬人化した作品が多く、そのドラマチックな旅路と、ついに帰還した地球で大気圏に突入して燃え尽きる運命が動画作者達の想像をかき立てるようです。
また、今夜22時からはニコニコ生放送で「おかえりなさい。はやぶさ 50億キロ宇宙のおつかい」という番組が放送されます。番組では「超電磁P」や宇宙コミュの管理人のBeDai(ビーダイ)さんなどが出演して、「はやぶさ」の解説や、7年間の軌跡の紹介。オーストラリアに投下される「はやぶさ」の持ち帰ったカプセルを、現地に赴いた「尻P」が撮影にチャレンジしたりするようです。開場は21:50からなので、興味のある人はぜひチェックしてみてください。

はやぶさプロジェクトサイト
ニコニコ大百科・探査機「はやぶさ」





 【初音ミク】 はやぶさ 【オリジナル曲】
はやぶさを応援するために作られた曲の中でも特に人気が高く、殿堂入りしています。
序盤で、ロック調が「はやぶさ」にはちょっと合わないかな・・・とも思いましたが、歌詞の通りに力強く舞い上がるようなサビが非常に印象的で、思わず繰り返し口ずさんでしまいました。弾幕ポイントにもなっているようです。帰還当日の13日にはしんみりと「はやぶさ」を迎えるバラードバージョンが投稿され、こちらも人気になっています。


 【歌愛ユキ】風のただいま【探査機「はやぶさ」】
これも人気の高かった「はやぶさ」応援ソングで、歌うPにしてベーシスト「つやつやP」の歌愛ユキオリジナル曲です。
子供のあどけない歌声で健気さや切なさが強く伝わってくる、ユキならではの強みを活かした曲になっています。ユキ曲の中でも人気が高く、投稿者コメントにもある「ドイツ人のコピペ」からこの動画を見に来た人もいるようです。
別の作者によるアンサーソングも作られています。


 【鏡音リン】hayabusa【オリジナル】
「卑屈P」のリンオリジナル曲です。独特の調声のリンが、「はやぶさ」帰還を願う祈りの歌を力強く歌い上げています。後半で曲が静かに途切れる演出は、「はやぶさ」が一時連絡途絶して、その後奇跡的に復帰した事を思い出しました。


 【探査機はやぶさ】 「イトカワをねらえ!」【MMD】

 【探査機はやぶさ】 「イトカワをねらえ!」第二話【MMD】

 【小惑星探査ローバー  ミネルバ】「遠く離れた君に」 【MMD】
精密に作りこまれた3Dモデルと実際の出来事を元にしたストーリーが特徴のMMD動画で、キャラクター付けされた「はやぶさ」と「ミネルバ」の友情(?)が感動を呼ぶ、全三話予定(今のところ二話+外伝一話)の壮大な物語です。全体的にかなり作りこまれていて、特にMMDとは思えない精巧な探査機などのモデルは、作者である「com2007」さんのオリジナルモデルです。また、どこかで見た事のあるJAXAスタッフもcom2007さんの手書きのようです。タイトルは「トップをねらえ!」のパロディですが、内容は宇宙戦艦ヤマト風味もかなり入っています。
MMDでも「はやぶさ」は人気で、いくつもの応援動画が作られています。


 【MMD-PV】Starduster 「はやぶさ」~はじめてのおつかい~
「はやぶさ」をテーマにしたMMD動画の中でも「イトカワをねらえ!」と共に人気の高い作品です。
ジミーサムPの「Starduster」のPVとして作られていて、「はやぶさ」や再突入カプセルがぷちミクとたこルカモデルに置き換えられています。満身創痍のはやぶさがカプセルと別れ、一人燃え尽きる前に地球を振り返る場面は、実際にはやぶさが最後の力で姿勢制御して地球の姿を撮影した事と重なります。


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。