--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m
EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.03.23 (Tue)

「初音ミク・アペンド」デモまとめ・その3 「solid」「light」「複数」

「dark」は→「初音ミク・アペンド」デモまとめ・その1 「dark」
「soft」「vivid」「sweet」は→「初音ミク・アペンド」デモまとめ・その2 「soft」「vivid」「sweet」


【solid】
「solid」(ソリッド=固い・堅実な)は「シャープで緊張感のある声質の」ライブラリと説明されていて、ノーマルミクから呑気さを無くして力強くしたような歌声をもちます。当初多くの人が予想していたようなパワー特化型ではなく、比較的ノーマルミクに近い、滑舌向上型という感じかもしれません。また、ジェンダーファクターの操作によって大きく声が変化する特性もあり、かなり汎用性に優れた音声ライブラリのようです。
この「solid」は初音ミクの欠点であった「弱々しさ」と「パラメーター操作の効き難くさ」を克服する性能を持つ事で期待されているライブラリですが、それだけに開発は難航したようです。デモが発表されたのも一番後で、2010年2月にTwitterでのユーザーとの対話の中で急遽公開された即席デモが「solid」初公開となりました。
力強くキレのいい歌声は通常のVOCALOIDの収録方法では再現するのが難しいらしく、リン・レン(act1)の不安定さもこれが原因でした。これはクリプトンのVOCALOID製作スタッフにも長く克服できなかった問題で一時は「solid」の凍結も考えられていたようですが、12月に配布された「dark」試用版でユーザーが作った作品から問題解決のヒントを得て、それをきっかけに「solid」や「鏡音リン・レンAppend」の制作も進み始めたようです。積極的にデモや製作過程を公開し、ユーザーの反応を取り入れてきたクリプトン(watさん)の姿勢が実を結んだライブラリと言えるかもしれません。


 【初音ミク・アペンド】solid「L-Side」(アカペラ)【デモソング】
2010年2月にTwitterで初めて公開された「solid」の即席デモを転載した動画です。この時点ではまだ製作中なので、製品版ではより完成度が高まっていると思われます。


 【初音ミク・アペンド】solid 歌声変化のデモ(アカペラ)【デモソング】
上のデモの翌日にTwitterで公開された、ジェンダーファクターの操作による歌声の変化をテストした4つのデモを繋げた動画です。「solid」はジェンダーによって大きく歌声が変化する特性を持つ事が説明され、実際にこのデモでは、ちびミク風の高い声からMEIKOを思わせる大人声まで4段階の声で歌っています。実用レベルでこれだけ様々な声を使い分けることができるなら、かなり汎用性の高いDBになりそうです。

【関連雑記】
[2010/02/10] 初音ミクAppend最後のDB「solid」のデモが初公開
[2010/02/11] 「solid」でさらに声を変えた4種類のデモ公開



【light】
発売直前になって初めて存在が明かされた、Append第6の歌声が「light」です。
特設ページによれば、「light」は明るくあっけらかんとした張りのある声質のライブラリと説明されています。デモを聞くと、ノーマルミクに近い声のイメージと「solid」に似た力強さを持つライブラリのようですが、他のライブラリほど特徴がはっきりとはしていないかもしれません。これは開発者のインタビューでも語られていて、開発段階で「solid」から分けて作られたDBなので似た特徴を持つようです。両ライブラリを比べると、「solid」の方が力強く、得意な音域も広いので汎用性にも優れていそうですが、「light」の方は声が柔らかく明るい印象があり、従来のミクと同じイメージで使うことができそうです。同じ曲の中で感情の変化を表現ような使い方に向いているかもしれません。


 【初音ミク・アペンド】light「ハニビー!」【デモソング】
特設ページで公開された公式デモの一つで、「もじょP」の作品です。明るく強い歌声ですが、歌詞が聞き取りにくい部分もあるようです。今のところ「light」唯一のデモなので、もういくつか他のデモも聞いてみたいところです。

【関連雑記】
[2010/04/05] MIKU Appendに6種類目のライブラリ「LIGHT」があるらしい?
[2010/04/16] MIKU Append第6の歌声「light」のデモが初公開



【複数】
一つの曲の中で複数のライブラリを使用しているデモをここにまとめておきます。各ライブラリ単独ではなく複数を使用したデモは、Appendのコンセプトの一つである「DBを切り替える事で、ボーカロイドの弱点であった感情を表現する」テストという意味があるのではないかと思います。


 【初音ミク・アペンド】solid & sweet「夜の虹」【デモソング】
Appendのテスター「whoo」さんの作品で、「solid」と「sweet」を使用したデモです。公式デモとして特設サイトで公開されています。メインは「sweet」で、最初と最後の部分で「solid」が歌っていると思われます。各ライブラリを別の歌声としてはっきり分けて使用した例のようです。


 【初音ミク・アペンド】dark & soft & sweet「影踏み」【デモソング】
Appendのテスター「kous」さんの作品で、「dark」「soft」「sweet」の3つのライブラリが使用されています。最初は「dark」で淡々と、サビ部分では多少声を盛り上げるために「soft」に切り替わり、コーラスとして「sweet」が歌っているようです。同じ曲の中で場面によって声を切り替える例としてのデモだと思います。「dark」と「soft」は穏やかな声の印象も近く、切り替えてもそれほど違和感を感じません。他にも、声質の近そうな「vivid」と「solid」などの組み合わせでも聞いてみたいところです。

【関連雑記】
[2010/03/10] 「初音ミク・アペンド」特設ページ公開・製品詳細と新デモ発表



2010/4/19更新 人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : 初音ミク ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。