--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m
EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.01.28 (Thu)

雪まつり×雪ミク特設サイト開設・ささくれPライブやアーケード版DIVAもあり(雑記)

北海道札幌市大通り公園で2月5日から11日にかけて行われる「第61回さっぽろ雪まつり」に初音ミクの雪像が展示されることが発表されていましたが、今日雪まつりミクの特設ページが開設され、雪まつりで開催されるミク関連イベントなどの情報が公開されました。また、北海道新聞夕刊にも記事が掲載されたようです。

SNOW MIKU for SAPPORO 2010特設ページ

特設サイトによれば、札幌市観光局と交通局のバックアップの元「雪像の設置や物販、初音ミク「Project DIVA Arcade」のフリープレー、ライブ、寄贈企画などイベント盛りだくさんで札幌の冬をお届けします」とのことで、かなり大掛かりなイベントになるようです。

まず、最大のイベントになると思われるライブは「初音ミクとコンピューター音楽の集い」と題して、雪まつり前夜の2月4日に雪まつり会場付近「ノルベサ」イベントスペースで行われます。
*ハロー、プラネット。」「ぼくらの16bit戦争」などで人気の「ささくれP」(sasakure.UK)や、テクノポップ/チップチューンのユニット「8bit Project」によるライブが行われる他、クリプトンの佐々木(wat)さん、MOERの原さんを始め、セガや音楽レーベルThird-Earの関係者が出演するトークセッションも行われ、ミクの中の人・藤田咲さんもMCとして登場するようです。Third-Earは「Hatsune Miku Orchestra」を発売したレーベルで、その関係でしょうか。また、「4人目のYMO」とも呼ばれる日本シンセサイザープログラマー協会(JSPA)会長「松武秀樹」さんがスペシャルゲストとして参加します。松武さんも「Hatsune Miku Orchestra」発売前に「HMOとかの中の人。」とDTMマガジンで対談していますが、VOCALOIDとの関わり自体はさらに古く、まだ発売前のプロトタイプVOCALOIDを自分のCDで真っ先に使用したのも松武さんでした。(2003年発売の「History Of Logic System」の「あの素晴らしい愛をもう一度」)→詳しくは「名作で見るVOCALOIDの歴史0」へ
他にも、「ディラッドボードを使用したハイクオリティ3D初音ミクを使用したプレゼンテーション」や、「TENORI-ON(GUMIのデザインに取り入れられている電子楽器)のデモプレイ」なども書かれています。「ディラッドボード」は「背後から投影して映像を空間に浮かべる高透明なスクリーンボード」ということなので、おそらくミクFESで使用された擬似3Dスクリーンの事ではないかと思います。
かなり盛りだくさんな内容のライブイベントになりそうです。

そして、最近ロケテストが行われて連日長蛇の列を作っていた製作中のアーケードゲーム、「初音ミクProject DIVA Arcade」が、地下鉄大通り駅内の会場に設置されてフリープレイが出来るようになるそうです。プレイ特典として「初音ミクProject DIVA Arcade」in Sapporo記念ポストカードも貰えます。
東京のロケテストに参加できなかった地元の人にとっては、DIVA Arcadeを体験するチャンスかもしれません。
また、同じ会場で「クリプトン音声制作チーム派出所」として、クリプトンで行われている音声制作作業風景の展示も行われるようです。実際にスタッフが作業している様子をガラス越しに見学できるという企画のようですが、具体的にどういった展示なのかは説明文だけではちょっと解らないですな。呪文の収録とかが行われるんだろうか・・・

物販については、また別の特設会場で「雪ミクウィズユーカード」「ねんどろいど 雪ミク」「雪ミクウィズユーカード+オリジナルグッズ(雪ミク仕様マウスパッド、記念ポストカード2枚セット、ミクのサンプルCD)セット」が販売される事になっています。ウィズユーカードというのは、北海道の様々な交通機関で使える乗車カードです。(地元の方からコメントをいただき、ウィズユーカードは帰りのJRでは使えないので要注意だそうです)
北海道なのでどれだけ人が来るか予想もつきませんが、どれも数に限りがあるようなので、行ける人は早めにチェックしておいたほうがいいかも知れません。

他には、別の会場でパネル展示や寄贈企画(?)も行われます。
事前にブログや公式Twitterで、札幌市やいくつもの企業が参加するコラボになりそうだという情報は出ていましたが、思っていたよりかなり多方面の人が参加する大規模なイベントになりそうです。
ミクを使ったフィギュアやグッズなど人気キャラクターとしての面と、テクノポップの有名アーティストとボーカロイドPのライブを実現させる音楽・DTMソフトとしての面、その両方が重視された、「初音ミク」ならではのコラボイベントになるのではないでしょうか。
北海道なので参加できる人は限られるとは思いますが、ぜひ成功して雪まつりを盛り上げて欲しいですね。


【関連雑記】
[2010/02/04] いよいよ開催・雪まつり×雪ミク関連追加情報やライブ生放送などまとめ
[2010/01/15] 「さっぽろ雪まつり」でミク雪像化&ねんどろいど雪ミク発売
[2010/01/21] ささくれPのCD「ボーカロイドは終末鳥の夢を見るか?」がDVD付きで発売
[2010/01/08] 「Project DIVA Arcade」ロケテストの動画と新情報まとめ


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : 初音ミク ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。