--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m
EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.12.11 (Fri)

AHS新ボーカロイド祭り・まとめ(雑記)

初音ミクAppend体験版の配布開始BigAl新デザイン公開(や届いたたこルカチャームで遊んだり)なども重なったためちょっと遅くなってしまいましたが、AHS新ボーカロイド祭りの簡単なまとめを残しておきたいと思います。発売直後なので今後評価は変わっていくと思いますが、あくまで聞き専の第一印象ということで。
全体としては、AHS新ボーカロイド3種(ボイスロイドを含めると5種)同時発売によって発売前に上手く話題性を高めることができましたが、その分投稿作品は分散してしまった感じがありました。
投稿数で見ると、mikiはPの中での期待が高かったようでオリジナル曲の割合が多く、キヨテルは他の男声ボーカロイドと同じくカバーが多い傾向が見られました。3種とも個性的な性能を持つボーカロイドで、特にキヨテルとユキに関しては癖も強いようです。今後使い方が研究されていくと思います。
キャラクター的には、ネタ動画や持ち物戦争が注目される事は無く、まだ定着には時間がかかりそうです。クリプトンのCVシリーズぐらいの大規模な祭りにならないと、自然発生的なキャラクターやネタの定着は難しいのかもしれません。まあ、今後どうなるかはわかりませんが。
以下は、それぞれのボーカロイドについての第一印象です。特徴がわかりやすいと思う作品も貼っておきます。




 【miki】Good morning,Muse【VOCALOIDオリジナル曲】
発売祭りでの「開発コードmiki」の曲を聞いてみた感じでは、3種の中では最も汎用性に優れたボーカロイドのように感じました。声質は高音はリンに、低音はGUMIやルカに似ているというコメントが多く付いています。音の高さによって声質が大きく変わる特徴を持ち、特にリンに似やすいようです。とはいえ「~に似てる」というのは発売直後の新ボーカロイド動画ではよく見られるコメントで、まだ視聴者の耳が慣れていないのと、独自の調声法が確立されていないと言うことだと思います。
それでもいくつかの作品ではmikiならではの歌声を聞く事ができ、印象としてはミクやリンのような初期のVOCALOID2に近い、アニメ的で機械っぽい声質に聞こえるものが多いようです。これは、pixivなどで人気の高かったメカ要素の強いキャライラストのイメージとも合っているので、悪くはないと思います。初期の曲にも、このメカっぽいイラストからイメージしたと思われるテクノポップが比較的多かったようです。
使用した人の感想などを見ると、得意な音域が広いという特徴があるようです。また、加工前提で調整されているのか声にエフェクトが乗りやすいという意見もありました。
アニメ的ロリ声になりやすくパワーもあるので、役割的には鏡音リンに近い使い方が向いていそうですが、声質が変わるという特徴を生かしたもっと広い使われ方をするかもしれません。
一部の音の繋がりに不具合があるという報告がされています。



 【キヨテル】クリスマスが過ぎても【カバー】
キヨテルの第一印象は、高めで優しい歌声を持つ男声ボーカロイドです。
クリプトンによれば、男声ボーカロイドは技術的な問題でKAITOと似た声になりやすいということですが、たしかに氷山キヨテルも第一印象ではそんな感じです。公式キャラクター設定(普段は小学校の先生で、休日には「アイスマウンテン・テル」としてロックバンドで活動している)にちなんでロックを歌わせている作品が多く発表されましたが、個人的には高くて弱いキヨテルの声にロックはあまり向いていないように感じました。むしろ、この「クリスマスが過ぎても」のような古いポップスが向いている声のような気がします。(もちろん、全ては作者の調声次第ですが)
様々な作者の感想などを読むとかなり癖もあるようですが、VOCALOID2エンジンなのでKAITOよりは扱い易く、貴重な男性ボーカロイドとしてキャラクター的にも人気が出ているので、需要はあるようです。



 【歌愛ユキ】forbidden fruit【VOCALOID-PV】
歌愛ユキは、他の2種と比べるとはっきりとした個性と役割が設定されている特化型のボーカロイドです。素朴でリアルな「歌手ではない普通の子供」の歌声で、非常に生々しい声質をしています。
今のところ聞いた感じでは、歌声には力が無く、伸びも悪く、声が変えにくいため歌いこなせる曲は限られそうな感じですが、だからこそ歌える曲があり、それらも短所にはならないでしょう。今のところ唯一の歌声を持っているので、「ユキにしか歌えない曲」を多く歌っていくことになると思います。
個人的には、この「forbidden fruit」や「ユキゾラ」「生命~カンボジアの子供達~」「ながれぼし」のように、素朴な子供の声で歌われる悲しい曲が印象深かったです。
用途は広くないと思いますが、意外と喋りが上手いという特徴もあるようなので、曲中に語りが入る作品やトークロイド的な使い方にも向いているかもしれません。



 【月読アイ】かたおもい。【オリジナル】
正確にはボーカロイドではありませんが、なぜか「VOCALOID」タグが付いて一緒の扱いにされている事が多いボイスロイド「月読アイ」「月読ショウタ」も多くの作品が投稿されていました。
性能的には、多少棒読みではありますがかなり流暢に読み上げてくれるようで、さすがトーク専用ソフトだけあって聞き取りやすいです。声も個性的でリアルですね。
特にアイは人気があり、mikiとほぼ同数の作品が投稿されていました。しかし、作品のバリエーションはそれほど多くは無く、ほとんどは既存の文章をそのまま読ませて付属しているCrazyTalkでパッケージ絵に口パクをさせる動画でした。まあ、そのためのソフトなので当然なんですが。
それでも人力の技術でなんとか歌わせている作品もあり、この「かたおもい。」もその一つです。
今後は、ゆっくりのように実況動画や解説動画などでも活用されるのではないかと思います。


ここまでのまとめで挙げた作品はあくまで個人的な好みで選んでいるので、祭り期間の全体的な人気などを見ることができる期間限定ランキングを貼っておきます。



 販売前 AHS-loidランキング ~2009/11/30


 速報 AHS-loidランキング ~2009/12/4


 速報 AHS-loidランキング ~2009/12/5


【AHS新ボーカロイド祭り関連雑記】
[2009/12/05] miki・ユキ・キヨテル発売 AHS新ボーカロイド祭りピックアップ
[2009/12/06] AHS新ボーカロイド祭りピックアップ・その2
[2009/12/07] AHS新ボーカロイド祭りピックアップ・その3


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  AHS新ボーカロイド祭り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。