--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m
EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.09.02 (Wed)

「新・初音ミク」プロトタイプの歌声サンプルをまとめてみました(雑記)

8/31の初音ミク誕生祭にはニコニコ動画の外でもいくつかの動きがありましたが、その中でも特に気になる情報として、クリプトンの公式ブログにて発表された「CV01 Hatsune Miku Append(仮称)」があります。
これは、以前から言われていた新録された「新・初音ミク」の事で、製品としての形式は「初音ミク」とは別売りの追加音声データベース(DB)となるようです。一つのパッケージに複数のDBが収録される予定で、おそらくは用途によって元の初音ミクの音声データと切り替えながら使えるのだと思います。
追加されるDBは元の初音ミクと同じ「藤田咲」さんの声によって作られたものですが、DBごとに声の表情を変えて収録されているため、様々なDBを切り替えながら歌わせる事でVOCALOIDの欠点であった「歌声の情感」を持たせることができるようになる。というもののようです。
クリプトンの開発担当者の言葉によれば「新技術というより力技」とのことですが、VOCALOIDで音声DBをエンジンから切り離して製品化するのは初の試みであり、また、VOCALOIDの技術の致命的欠点の一つをデータ量でカバーするというのも、「音」を売ってきたクリプトンらしい方法だと思います。これは今後が非常に楽しみです。
表情ごとのDBは多くのプロトタイプが収録されて調整と選考が行われているらしく、その内のいくつかはユーザーに提供されてテストされています。
今回の発表では同時にβ版の公式デモが公開されたので、まとめとしてDBごとに並べてみました。これらのうちのどれが製品版に残るのかはまだ解りませんが、どれも特徴のある歌声です。
「CV01 Hatsune Miku Append(仮称)」に関するさらに詳しい解説は、クリプトン・メディアファージ事業部ブログ



【dark-β】(soft dark)
ブログでは「トーンを暗くする」と語られていたのがこのDBの事だと思われます。調声にもよると思いますが、かなり大人っぽく感じる歌い方になるようです。HMOのメジャーCDに使用されると発表されて、一番最初に話題になった新ミクDBでした。
「時代」「トルコ行進曲」の二つはβテスターによるカバーで、動画を作ったのはDTMマガジン関係者のようです。DTMマガジンでは今後誌上で初音ミクAppendを特集していくそうなので、その宣伝もかねての投稿かもしれません。
HMOのCDの中でもdarkは複数の曲で使用されています。特に11曲目のロータス・ラブが解りやすいかと思います。
darkはsoftと共に先行体験版が配布されたため、ニコニコ動画でも多くのPによる作品を見ることができます。リアルで大人っぽい歌声を表現できるため、人気もあるようです。
[2009/12/08] DTMMに初音ミクAppend体験版が収録・作品も投稿され始めています


 【祝2周年】初音ミク/時代【darkβdemo】


 トルコ行進曲 - オワタ\(^o^)/


 10分ちょっとで聴くYMO 番外編 「HATSUNE MIKU ORCHESTRA」



【very small-β】
極端な小声(ひそひそ声)と甘く優しげな吐息の成分があり、可愛らしい発音を目指して収録されたDBと説明されています。幼く繊細な感じに聞こえます。今出ているプロトタイプDBの中では最も個性的で、その分従来のミクとは離れた歌声です。それだけに、これまでとまったく違う歌の表現ができるかもしれません。
上は、8/31に藤田咲さんのブログで公開されたもので、初音ミクの始まりとなったデモ曲「星のカケラ(01_ballade)」をvery smallが歌っています。
下は、今回の発表と同時にクリプトンで公開されたデモの一つです。ベタ打ちで、同じ曲を3つのDBで歌っているので比較しやすくなっています。


 新・初音ミク「星のカケラ」very_small version


 新・初音ミクvery_small デモソング



【soft-β】
発音のアタックを少し弱めて、全体的にソフトにしたバージョンと説明されています。現行初音ミクとの差は少ないそうです。
上はブラック★ロックシューターDVDに収録された2M MIXバージョンで、ryoさんによってブログで公開されているものです。公式サイトによればDVD収録のブラック★ロックシューターは全て再収録されたもので、softの声と現行ミクの声を重ねて収録されているそうです。ryoさんもテスターだったとは。
下は今回の発表と同時にクリプトンのブログで公開されたベタ打ちのデモです。
どちらも、元の初音ミクの歌声との差は大きくないので、ちょっとした部分で切り替えても違和感は少なそうです。
softはdarkと共に先行体験版が配布されたため、ニコニコ動画でも多くの作品を見ることができます。
[2009/12/08] DTMMに初音ミクAppend体験版が収録・作品も投稿され始めています


 ブラック★ロックシューター2M MIX


 新・初音ミクsoft デモソング



【vivid-β】
滑舌の明瞭化を目指したDBと説明されています。
とてもハキハキした歌い方で、ボーイッシュな感じもあります。たしかに、滑舌が良くなっているようです。
動画は今回の発表と同時に公開されたベタ打ちのデモで、他の2タイプと同じ歌になっています。
ちなみにこの曲は、初音ミク以外に制作が進んでいる新VOCALOIDのためにテスターが作った曲を流用したもので、曲も歌詞もその新VOCALOIDをイメージして作られたものだそうです。少年タイプ?それとも僕っ娘? こちらも気になります。これとか?
また、曲調や「vivid__tor」「v_small__tor」「soft__tor」というファイル名から、このテスターとは「トラボルタP」なのではないかとも言われています。tor=トラボルタ?
(追記)後にこのデモ曲は、もう一つの新ボーカロイド「project if...」のためにトラボルタPによって作られた曲である事が公表されました。


 新・初音ミクvivid デモソング



【solid-β】
初音ミクの「より強い発音」の実験として作られているDBで、ミクの欠点としてよく言われる「弱々しい声」を補う事が期待されます。しかし、リン・レンでも試行錯誤があったように、VOCALOID2で力強い歌唱を再現するのは難しいらしく、完成が遅れてなかなかデモが公開されませんでした。
このデモは製作中の仮公開という事で、ベタうちのアカペラになっています。標準のミクと比べて極端に変わった歌声ではありませんが、発音は力強く、非常に滑舌がいいのが解ります。vividよりも聞きやすいかもしれません。


 【初音ミクAppend】solid「L-Side」(アカペラ)【デモソング】



【関連雑記】
[10/27] 新ボーカロイドに関する情報の今のところのまとめ
[12/08] DTMMに初音ミクAppend体験版が収録・作品も投稿され始めています


2010/2/11更新 人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : 初音ミク ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。