--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m
EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.11.02 (Mon)

幻想ホラー祭り「VOCALOIDハロウィン曲」ピックアップ(雑記)

10月31日はハロウィンということで、それにちなんだ「VOCALOIDハロウィン曲」が多く投稿されています。
特にイベントとして期間や参加条件を定めているわけではないので、「大体10月下旬ぐらい」というアバウトさでパラパラと作品が投稿されている感じでしたが、去年より多くのハロウィン曲が投稿されたようです。
どれも独特の幻想的な雰囲気を持っていて、普段人気のある曲調とは違う、なかなか面白い曲が多いと思います。去年はOSTER_projectの「trick_and_treat」やイントロPの「クレイヂィ・クラウン」などが人気となっていましたが、今年もマチゲリータPやハチさんなど、この分野を得意とするP達がハロウィンに合わせて新曲を発表しています。
今回も個人的に気になった曲の中から、一部を貼っておきたいと思います。気になった方は、「VOCALOIDハロウィン曲」タグから回ってみるといいかもしれません。




 【オリジナル曲PV】Mrs.Pumpkinの滑稽な夢【初音ミク】
「結ンデ開イテ羅刹ト骸」で大ヒットを飛ばした「ハチ」さんのハロウィン曲です。ハチさんの得意とする不気味で幻想的な曲がハロウィンにもピッタリ嵌まっています。すでに「歌ってみた」でも多くのカバーが投稿されていて、投稿がかなり早かったこともありますが、今のところ今年のハロウィン曲の中では一番人気になっているようです。


 【ボカロオリジナル】ドリィムメルティックハロウィン【ハロウィン】
ホラーで怪奇言えばこの人、「マチゲリータP」のハロウィン曲です。去年のハロウィンに投稿した「ハロウィンモンスタァパーティナイト」も人気でしたが、今年のこの曲も可愛くて幻想的で不気味で、ミク・リン・レン・ルカ・がくぽ・MEIKO・KAITOとボーカロイドファミリー総出演(GUMI以外)のお祭り騒ぎで大好評のようです。これだけ多くのVOCALOIDを出して、それを使いこなしているのも凄いです。


 がくぽルカPRIMAソニカで  Grim Grinning Ghosts(ver.1.0)
珍しい組み合わせの四人が歌う英語曲です。がくぽの語りとルカ・PRIMA・ソニカの英語歌唱が良い雰囲気を出しています。洋館にちゃぶ台が突っ込まれていますが、まあこれはこれで新しいような。


 【巡音ルカ】 Bloody Dead Halloween No.13 【オリジナル曲・PV付】
ハロウィンといえば子供のお祭りのイメージが強いためかリン・レンが大活躍していますが、ルカを使ったこの曲は、アダルトな大人のハロウィンという感じです。作詞作曲・明太Rocker、動画・あちこあこ、雄叫び・すてゐぬ男爵さんによるハロウィンコラボだそうです。


 【鏡音リン・鏡音レン】ハロウィンのおやつ【オリジナル】
ハロウィン曲としては珍しい、チップチューン風のピコピコサウンドのリン・レン曲です。
作者「黒サムネ」さんの「音の出る絵画」シリーズとして作られた曲で、イラストのイメージを元にして作られた曲のようです。不思議な雰囲気と、可愛いリンの調声が面白い作品だと思います。


 【初音ミク】喜劇 〜1031パーティータイムはビフォア・ナイトメア〜
10分という大作。前奏だけでも2分ありますが、とても雰囲気があって独自の世界観を築いています。物語性を重視しているようです。


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.03 (Tue)

週刊VOCALOIDランキング#109 10/26~11/2


 週刊VOCALOIDランキング #10(9)
○集計期間:10月26日5時~11月2日5時
○集計方法:再生数+コメント数×補正値+マイリスト登録数×20
 (補正値…ポイント合計に占める再生数+マイリスト数の割合)
○集計対象:RSS版公式ランキングより
 【カテゴリ合算】
  再生・コメント・マイリスト各1000位内
 【VOCALOID】【音楽】【演奏してみた】
  再生・コメント・マイリスト各100位内
#109は暫定的に上記カテゴリを集計いたします
(投稿者コメント)


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  VOCALOIDランキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.03 (Tue)

豪華P達によるX'masソングCD「VOCALOIDS☆X'mas」発売(雑記)

VOCALOIDS☆X’mas ~白い夜は静寂を守ってる~VOCALOIDS☆X’mas ~白い夜は静寂を守ってる~

株式会社ヤマハエーアンドアール 2009-11-18
売り上げランキング : 381

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11月18日にクリスマスをテーマにしたコンピアルバム「VOCALOIDS☆X'mas~白い夜は静寂を守ってる~」が発売される事がYamaha A&Rのサイトにおいて発表され、アマゾンでは予約も開始しています。
今年はVOCALOID系CDの発売ラッシュが続いていて、すでに発売予定が発表されているCDについては以前に「2009秋発売予定のボーカロイド系CD情報まとめ」でまとめましたが、今回のCDは発表から発売まであまり間がないですね。
曲目は以下のようになっています。

1 発光体のルーディ / ぶっちぎりP
2 ハローハロー・ハローハロー / ゆうゆ
3 This Christmas / Dixie Flatline
4 クリスマスキャロルが終われば / 小林オニキス と KTG(Aliced Twilightz)
5 プレゼンター / sasakure.UK
6 オラトリオ / キャプテンミライ
7 クリスマス・イブ / awk
8 Ave Maria / マリアP
9 ホーリーナイトライダー / トラボルタ
10 white light/white heat / Sherdock
11 クリスマス・イブ / XXX RESIDENTS

参加しているPが非常に豪華で、元プロやトップクラスの実力者を集めた感じです。それでいて単独メジャーCDを出している人はいないので、あえてそういう人選をしたのかもしれません。
新曲メインのようですがawkさんやマリアPなどカバー職人として有名なPも入っていて、クリスマスの定番曲をカバーするようです。特に「アヴェ・マリア」のカバーにマリアPというのは、まさに「この人しかいない」という嬉しい人選ですね。
タイトルに「VOCALOID」とは入っているものの「初音ミク」など各ボーカロイドの名前が入っていないのは、クリプトンを通していないCDだからでしょうか。パッケージイラストもミク達が使えないせいか、ボーカロイドを意識したようなオリジナルっぽいロボット少女のキャラクターになっています。なにやら公式ページでは、このCDのアーティストとしてこのキャラクターが載っていて、名前は「VOCALOID」となっていますね。新VOCALOIDということはさすがにないとは思いますが・・・
YAMAHAのレーベルなので発売元はこれ以上無いほどしっかりしていますが、これまで初音ミクの名前を出していないCDは(Pが有名でも)売上げが微妙になりがちな傾向があるので、宣伝期間の短さもあり、そこはちょっと心配です。参加Pがかなり豪華なので、多くの人に聞かれるようないいCDになってくれるといいですね。
詳細やデモ動画などが公開されたら追記していきたいと思います。


追記・どうも、本当に新VOCALOIDかもしれません。詳しくは「12月発売予定の新ボーカロイド「miki(仮)」・声はフルカワミキさん?」


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2009.11.04 (Wed)

12月発売予定の新ボーカロイドSF-A2「miki(仮)」発表・声はフルカワミキさん?(雑記)

昨日の雑記「豪華P達によるX'masソングCD「VOCALOIDS☆X'mas」発売」で、クリスマスをテーマにしたコンピアルバム「VOCALOIDS☆X'mas~白い夜は静寂を守ってる~」の発売をお伝えしました。そしてその記事の中で、使用VOCALOID名が明記されていない事や、パッケージイラストの謎のキャラクターが公式ページで「アーティスト」として記載されている点について「まさか新VOCALOIDではないと思いますが・・・」と書きましたが、実は本当に新VOCALOIDだったようです。
この「VOCALOIDS☆X'mas」の紹介ページの右下に、

VOCALOID2
SF-A2開発コードmiki
アーティストエディション01
12月発売予定 COMING SOON・・・

と書かれています。
このページは「VOCALOIDS☆X'mas」の発売元としてyamaha A&Rと並んで記載されている「HEARTFAST」のサイトにある宣伝ページですが、HEARTFASTといえば最近サイハテをカバーする事が発表されて話題になったアーティスト「フルカワミキ」さんが所属する事務所です。偶然の一致でないなら、新VOCALOIDの声を担当するのがフルカワミキさんということでほぼ間違いない気がします。
フルカワミキさんは、元「SUPERCAR」のベース・ボーカルとして有名だったアーティストで、今はシンガーソングライターとして活動しています。もともと感情をあまり出さない、言ってみればボーカロイドっぽい歌声の人なので、相性もいいかもしれませんね。(フルカワミキさんによるサイハテカバーはここで試聴できます)
この宣伝ページで小林オニキスさんの「PROFILE」の項を見ると「収録曲は新型ボーカロイドを使用」とあるので、オニキスさんの曲はおそらくこの「miki」を使っているのだと思われます。フルカワミキさんによるサイハテカバーも一連のプロジェクトなのかもしれません。
他の人がどのボーカロイドを使っているのかはまだ解りませんが、わざわざ小林オニキスさんの項にだけ新型ボーカロイド使用と書かれているのと、タイトルもVOCALOIDSと複数形なので、全曲が新VOCALOIDではないと思います。
「アーティストエディション01」ということは、この「miki」をシリーズ物の第一弾として続きも出していくのかもしれません。略は「AEシリーズ」になるんでしょうか。「SF-A2」の部分の意味はまだ解りませんが、イラストでは「A2」の部分が強調されていますね。何か意味があるんでしょう。
他に気になる点としては、一体どの会社が開発していて発売するのかですが、さすがにクリプトンはもう手一杯だと思うので、違うでしょう。インターネット社も今の「アーティストボーカルシリーズ」と別シリーズにする意味が無いので、違う気がします。
情報が少ないですが、YAMAHA自らがVOCALOIDの一般ユーザー向けの商品化を始めたということもあるかもしれません。当然DB開発の技術は持っているし、最近になってYAMAHAのボーカロイド関連の動きが活発化している印象もあります。あと細かい事ですが、このCDの宣伝文でVOCALOIDのカタカナ表記が「ヴォーカロイド」に統一されているのも、YAMAHAの慣習と同じですね。一般的にはクリプトンが広めた「ボーカロイド」表記が使われる事が多いのですが。
まあ、これだけではまだなんともいえませんな
続報があり次第、追記していきたいと思います。

キャラクターの全身イラストもこの宣伝ページで見ることができます。キャラクターデザインは「コザキユースケ」さんのようです。
・・・ちょっと頭身のバランス悪いような・・・?
まだ見慣れてないからかもしれません。
ヘッドセットやサイバーっぽいコスチュームなど今までのボーカロイドキャラクターのデザインの基本を踏襲していますが、全体的にロボットであることを強調したデザインになっています。☆マークがたくさん使われているのも目立ちますね。これもお決まりになっているYAMAHA製電子楽器をデザインに取り入れているかは、まだ解りません。
あとアホ毛すごいですね。

(追記)キャラクターデザインの「コザキユースケ」さんのブログで、「miki」のデザイン画が一部公開されていました。
それによると、肩のモコモコしたものはフードになっているようです。全身イラストで背景に星マークが強調されていますが、シンボルマークなんでしょうか。あと月と太陽がいたりして・・・
それから、フードをしてもアホ毛は貫通するようです。アホ毛すごいですね。


VOCALOIDS☆X’mas ~白い夜は静寂を守ってる~VOCALOIDS☆X’mas ~白い夜は静寂を守ってる~

株式会社ヤマハエーアンドアール 2009-11-18
売り上げランキング : 381

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【関連記事】
[10/27] 新ボーカロイドに関する情報の今のところのまとめ
[11/03]豪華P達によるX'masソングCD「VOCALOIDS☆X'mas」発売
[11/06] 新ボーカロイド「SF-A2 miki」と同時期に後2種類新型が出るらしい?
[11/13] AHSの新ボーカロイド「miki」「歌愛ユキ」「氷山キヨテル」が判明
[12/05] miki・ユキ・キヨテル発売 AHS新ボーカロイド祭りピックアップ
[12/11] AHS新ボーカロイド祭り・まとめ


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.05 (Thu)

MEIKO誕生五周年「MEIKO生誕祭2009」開催中・作品ピックアップその1(雑記)

今日11月5日は、初の日本語VOCALOIDである「MEIKO」が発売された五周年の記念日ということで、MEIKO作者達によって「MEIKO生誕祭2009」を祝う作品が投稿されています。
特に期間もレギュレーションもない自由参加のお祭りなので、かなり早い時期からこのタグを付けた作品が投稿されていて、前日にはすでに80以上の作品が投稿されていました。当日に合わせて投稿する人や遅刻組も多いと思うので、今年もかなりの数になりそうですね。
MEIKOは扱いがかなり難しく、全体的な作品数も他のボーカロイドと比べると多くはありません。しかし、それだけにMEIKO愛用者には拘りをもって使っている人が多いようで、生誕祭には去年も多くの素晴らしい作品が投稿されていました。
2009年のMEIKO誕生日を祝う作品の中から、個人的な好みでいくつかピックアップしてみたいと思います。
今年の生誕祭のその他の作品は「MEIKO生誕祭2009」タグから。去年の生誕祭作品は「MEIKO生誕祭2008」タグから見ることができます。




 【開催告知】MEIKO生誕祭2009【参加者募集!】
MEIKO生誕祭2009の告知動画です。三ヶ月も前に投稿されていました。


 【MEIKO生誕祭2009】 Evenfall 【オリジナル】
大人のムード漂う曲からふなむしのテーマ曲まで(むしろ大人のムード漂うふなむしのテーマ曲を)作り出すMEIKO職人「ふなむしP」の参加作品です。告知動画の類を除けば最も早く上げられた生誕祭動画で、どこか大人の哀愁を感じさせる歌詞や伸びのある歌声など、生誕祭開幕に相応しいMEIKOらしいオリジナル曲になっています。


 【KAITO・MEIKO】二人のハーモニー【カバー】
コーヒー(のミルク)のCM曲で有名な「二人のハーモニー」を、斜め上PのMEIKOとアカペラPのKAITOでカバーしたコラボ作品です。二人とも低めの落ち着いた調声をされていて、上品でゆったりとした大人のデュエットになっています。VOCALOID1の年長コンビならではのハーモニーですね。MEIKOとのデュエットで使われるのはやはりKAITOが多く、今回の生誕祭でもMEIKO&KAITOペアの作品は多く投稿されていました。


 【MEIKO生誕祭2009】M.A. / shu-t【オリジナル】
ベテランMEIKOマスター「shu-tP」の生誕祭参加作品です。
ミク用に作った曲をMEIKOに歌わせたもので、爽やかな夏の歌をshu-tPならではの調教でのびのびと歌っています。shu-tPは他にも去年の生誕祭で発表したMEIKO曲「VOX」のリミックス版も投稿しています。


 Sims2で特別な日のMEIKOさん
人生シミュレートゲーム「Sims2」をカスタムして、独特の味のあるボーカロイドPVや3Dドラマを作っている「シムズP」の作品です。顔の濃さやオーバーアクションが一々アメリカンテイストで面白いシリーズですが、この作品ではボーカロイドファミリー総登場でMEIKOの誕生日を祝うほのぼのしたホームドラマになっています。無声ですが、カラオケで各キャラクターが歌っている曲目までわかるほどの作りこみで、シムズPのこだわりが感じられます。


 【Project DIVA】謡Ⅲ~REINCARNATION【攻殻機動隊 -GHOST IN THE SHELL-】
ぼか主さんの名カバーを使った、Project DIVAによるエディットPVです。
MEIKOの表情や口の動きだけでなく、ポインタの動きまで緻密に配置されて作品の一部になっています。作者の「MEIKO専属の人」は、DIVAでMEIKOに嵌まったせいでMEIKOモデルのDIVAPVを専門に投稿している人で、今回の生誕祭用にもすでに4つのDIVA作品を投稿しています。MEIKOファンも日々増え続けているようですな。


「MEIKO生誕祭2009ピックアップ・その2」へ続く


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  MEIKO生誕祭2009  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.06 (Fri)

新ボーカロイド「SF-A2 miki」と同時期に後2種類新型が出るらしい?(雑記)

今回はTwitterの情報なので、正式な発表があったわけではありません。
先日「12月発売予定の新ボーカロイドSF-A2「miki(仮)」発表・声はフルカワミキさん?」でお伝えした12月にリリースされる新型ボーカロイド「SF-A2 miki」ですが、YAMAHA関係者のこのTwitterで、「実は同時期に他にあと二つリリースされます」と書かれています。
そのまま受け取れば12月に新ボーカロイドがあと2種類発売されるという事で、ちょっと驚くニュースです。

ここで気になるのは、新ボーカロイドmikiの「SF-A2」という記号です。このA2という部分はキャラクターのデザイン的にも強調されていますが、新シリーズの1つ目のソフトなのになぜ「A1」でなくて「A2」なのかは微妙に疑問でした。
ここからは完全に想像ですが、「A1」「A2」「A3」という一連のシリーズの3種類が同時リリースされるという事なのかもしれません。それならAは「アーティスト」の略ということでうまくはまります。mikiは赤っぽいので、あと青と緑のキャラクターが出れば並んでも丁度良い配色ですね。緑枠は競争厳しめですが。
それと、この情報がYAMAHAの関係者から出るというのも、興味深い部分です。やはり開発はYAMAHA自らが行っているということでしょうか。普通に考えれば、販売の実績も開発技術の蓄積もない新規参入の会社がいきなり3種類同時リリースというのはリスクが高すぎる気がしますが、YAMAHAなら技術も知名度も最初から持っているので、あり得るような気がします。

まあ、そのへんはあくまで想像で、A2にはなにか別の意味があるのかもしれないし、同時期に出るのはまったく関係ない別の新ボーカロイドかもしれませんが。例えば、「Big Al」と「Project if...」も12月発売予定だとか。
もしくは、YAMAHAはこれまでめったな会社にはVOCALOIDのライセンス販売をしない方針でしたが、最近のコナミの例もあるので、方針転換して色んな会社から一斉に出るのかもしれません。
今のところは正式な発表がないと確かな事はいえませんね
色々妄想しつつ、続報を待ちたいと思います。


【関連記事】
[10/27] 新ボーカロイドに関する情報の今のところのまとめ
[11/03]豪華P達によるX'masソングCD「VOCALOIDS☆X'mas」発売
[11/04] 12月発売予定の新ボーカロイドSF-A2「miki(仮)」発表・声はフルカワミキさん?


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.06 (Fri)

MEIKO生誕祭2009ピックアップ・その2(雑記)

「MEIKO誕生五周年「MEIKO生誕祭2009」開催中・作品ピックアップその1」から続き
MEIKO生誕祭当日になってニコニコ動画のマイリスト機能が使えなくなるなど不運なハプニングもありましたが、5日は有名MEIKO使い達が一斉に新曲を発表して、選ぶのに悩むほど良作揃いとなりました。もっとじっくりと特集したいところですが、翌日にはもう「Voc@loidM@ster祭り3」が始まっているし、新VOCALOIDに関するニュースが入ってくるしで大変な事に・・・
まあ、聞き専としては嬉しい事態です。
なにしろ数が多いので、今回は曲主体の作品の中から個人的な趣味でピックアップしたいと思います。




 【MEIKO生誕祭2009】Change me / shu-t【オリジナル】
去年の「MEIKO生誕祭2008」でも素晴らしい作品を発表して人気を集めたshu-tPとブラザーPのコンビによる、PV付きMEIKOオリジナル曲です。ブラザーPによる文字・イラスト・キオ式3D複合型のPVは、shu-tPのサウンドによく合っていて非常にかっこいい動画になっています。shu-tPのMEIKOの声のパワーはさすがです。shu-tPは今回3曲目の投稿で、生誕祭を盛り上げようという思い入れが感じられます。


 【MEIKO】向月葵(オリジナル曲)
shu-tPと並んでMEIKOの神調教で知られる「yanagiP」による作品です。
yanagiPならではのさすがの歌声で、曲もクオリティの高いオリジナル曲になっています。サビの盛り上がりがいいですな。PVのイラストは、「千年の独奏歌」などボーカロイド系CDのイラストなどもよく描いている憂さんによるもので、とても美しいMEIKOのイラストです。


 【MEIKO】待人海【オリジナル】
「番凩」「黄泉桜」など、MEIKOの大ヒット曲を持つ作者「仕事してP」による作品です。
今回の曲では歌詞を募集していて、タイトルと詞は採用されたVanさんによるものになっています。
切ない感じのいい曲です。


 【MEIKO生誕祭2009】脆い牙【オリジナル曲】
KAITO使いとして知られる「鉄分P」によるMEIKOオリジナル曲です。
こちらも切ないバラードで、心にしみる歌詞とピアノの旋律が印象に残ります。


 MEIKOオリジナル曲「Nightmare Shuffle」
「ぺぺろんP」による生誕祭参加作品です。
いつもとは歌詞も調声も変えて作った作品だそうで、ワイルドな詞や巻き舌やかすれを強調した歌い方が色っぽいMEIKOオリジナル曲になっています。
イラスト作者はKAITO使いでもある「パプリカP」によるもので、特にMEIKOが持っているギターにはぺぺろんPの拘りがあるそうです。


 【KAITO+MEIKO】いつも何度でも(アカペラ)【カバー曲】
非常に高い調教技術を持つ「青雲P」によるカバー曲です。
どちらかというとKAITOメインですが、後半にMEIKOがメインのパートもあります。
相変わらず渋い調声で、MEIKOも素晴らしい歌声です。


→「MEIKO生誕祭2009ピックアップ・その3」へ続く


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  MEIKO生誕祭2009  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.06 (Fri)

二大ジャンルのコラボ祭り「Voc@loidM@ster祭り3」開幕(雑記)

毎回、数多くの名作を生み出してきた「アイドルマスター」「ボーカロイド」両ジャンルのコラボ祭り「Voc@loidM@ster祭り3」が今日から開催されます。今年の秋は大きなニュースとイベントが続きますね。
もはやおなじみとなったタグロック方式の動画投稿祭りで、「アイマス」「ボカロ」両ジャンルの要素があれば内容は問いません。「人力VOCALOID」や「UTAU」などもボーカロイドジャンルに含まれるようです。期間は11月6日(金)~8日(日)の3日間ですが、投票などがあるわけではないのでフライングや遅刻組もOKです。
期間中の3日間は、夜に祭り参加作品を紹介するユーザー生放送も行われるので、時間がある人はそちらも見てみるといいかもしれません。
今回の主催は、ボーカロイドとアイマス両方の作品を作っている作者「しんしあP」です。前回のVoc@loidM@ster祭り2では投稿者としてボカマス祭りを盛り上げていましたが、今回は主催者としての盛り上げてくれるようです。
参加作品はVoc@loidM@ster祭り3専用マイリストか、「Voc@loidM@ster祭り3」タグでチェックできます。


初日の今回は、毎回クオリティの高いコラボ作品になっている告知動画を集めて貼っておきたいと思います。
いつものあの人も早速張り切っているようです。



 Voc@loidM@ster祭り3 が はじまるよ!
最初の告知でいきなりエンディング曲に。
何気に歌詞とリンの調教がかなりいいです。作者は誰なんでしょうか


 「Voc@loidM@ster祭り3」開催のお知らせ
前回主催者「告白P」による告知動画です。デビューしたばかりの新ボーカロイドGUMIと、秋月涼、日高愛、水谷絵理の新アイドル達による動画で、MMDを使って様々な亜種などのキャラクターも登場しています。どちらの陣営もキャラクターが段々増えていますね。この上新ボーカロイドが出たら、次回の祭りではVOCALOID勢もアイマス勢と同じぐらいの人数になってしまいそうです。さすがに東方キャラクターの数まではなかなか行かないと思いますが。


 【アイドルマスター×VOCALOID】Voc@loidM@ster祭り3開催決定!
今回のVoc@loidM@ster祭り3の主催者「しんしあP」による告知動画です。
ノリの良さで人気のGUMIオリジナル曲「メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト」に乗せて、アイマスのダンスPVとMMDによるボーカロイド達のダンスPVをシンクロさせて同時に表示しています。しんしあPによれば、特に文字に力を入れて作ったそうです。


 Voc@loidM@ster祭り3 開催告知CM
ボカマスの名物Pの一人「ハロP」による告知動画です。
今回も素晴らしい技術の人力VOCALOIDで喋らせています。デフォ子もこんなに喋れるとは凄い・・・と思ったら、デフォ子の喋りはsoftalk(いわゆる「ゆっくり」)使用だそうです。音源同じだからさすがに違和感無いですな


 Voc@loidM@ster祭り3 CM#5【参加者募集中】
お馴染みのボカマス名物「ちょいワルP」による告知動画です。
なんか前回のCMと似てるような・・・天井はギャグの基本ですね。
後半の人力VOCALOID部分はハロPの作品です。


 【ウチの涼ちんが..】Voc@loidM@ster祭り3告知トレーラー 【HELLO!!】
ちょいワルP・・・
スネークが混ざっているのが不自然にもほどがありますが、実は自分はこの動画で初めてこの曲「HELLO!!」をまともに聞いたため、その後本物を聞いてもLEONの低音がないのが物足りなく感じるようになってしまいました。なんというちょいワルの呪い・・・
元ネタはこれです。


 Voc@loidM@ster祭り3 が もうすぐだよ!
一つ目の告知動画と同じ人の作品で、やはり素晴らしい調教のリンが替え歌で祭りの告知をしてくれます。歌詞がうまいですな


 【アイドルマスター】Voc@loidM@ster祭り3 OP【VOCALOID】
Voc@loidM@ster祭り開幕を告げる告知動画です。作者は主催者のしんしあPで、MMDとハロPによる人力VOCALOIDによって違和感無く両陣営のキャラクター達がDS版アイドルマスターの主題歌「HELLO!!」を歌っています。
しかし、今回告知動画多いような・・・まさか8つもあるとは。それだけ気合が入っているということでしょうか


「Voc@loidM@ster祭り3の作品ピックアップ・その1」へ続く


【関連記事】
「Voc@loidM@ster祭り2 まとめ」
「歌姫とアイドルの共演・Voc@loidM@ster」


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  Voc@loidM@ster祭り3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.07 (Sat)

Voc@loidM@ster祭り3の作品ピックアップ・その1(雑記)

「二大ジャンルのコラボ祭り「Voc@loidM@ster祭り3」開幕」から続き
6日から始まった「Voc@loidM@ster祭り3」ですが、早速多くのVoc@loidM@ster動画が投稿されています。
作品数も前回に迫る勢いで増えていて、毎回祭りを盛り上げてくれるボカマス名物のP達の作品も、これから続々登場すると思われます。
今回は、かなり数が多かったフライング組の中から、個人的に気になった動画を選んで貼っていきたいと思います。




 アイドルマスター 真 春香 雪歩 ニコの華【Voc@loidM@ster祭り3】
8月10日に投稿された作品で、告知動画を除けば一番最初のフライング動画です。
KAITOのお祭り曲「ニコの華」と、真 、春香 、雪歩のお祭り衣装がピッタリで、祭りの開催を盛り上げるのに相応しい作品になっています。
作者の「マスターボールP」は、今回非常に多くの動画を作って祭りに参加させています。元々作品作りの速さに定評のあるPのようですが、数えてみたらフライングだけですでに15の作品を投稿していました。15って。
どれも選曲が面白く、ネタもガチもバラエティ豊かなラインナップです。もうこうなったら、祭りが終わるまでにいくつ投稿できるのか見守りたいと思います。


 【MMD×アイドルマスター】H・C・M 『まっすぐ』【ボカマス祭り3】
MMD職人「やかP」による作品です。
MMDで自然に共演するミク、千早、春香の三人が印象的な作品です。アイマスキャラのモデルも揃ってきているので、両ジャンルの自然な共演が可能になってきています。
「まっすぐ」を使ったEDネタはもうすっかり定番となっているようで、告知動画でも使われていました。


 アイドルマスター「ダブルラリアット」雪歩
雪歩がメインの作品を多く作っている「もあP」による「ダブルラリアット」のアイマスPVです。
人気曲ダブルラリアットの歌詞に、自分に自信がもてない雪歩の物語をうまく当てはめて描いた作品で、フライング組の中では特に多く再生されています。
回りそうで回らないダンスですが、まあ回るだけがダブルラリアットではありません。


 エキプロ WWE SvR2010でHRP-4C 未夢 CV-4C(β)
毎回異様な存在感を放っている北米版です。
まだ記憶に新しい新型ボーカロイドCV-4Cを搭載した未夢が、北米版のリングで歌うPV(?)動画です。
どこにボカマス要素があるのかと一瞬考えてしまいましたが、中の人が春香の中村繪里子さんでしたねそういえば。歌声を得た未夢は存在自体がVoc@loidM@sterでした。顔が怖いです。


 【アイマス】ハロウィンモンスタァパーティナイト
10月31日のハロウィンに投稿されたフライング組動画で、丁度一年前のハロウィンに人気を集めたマチゲリータPの「ハロウィンモンスタァパーティナイト」に、「potechiP」がアイマスPVをつけた作品です。
アイマスのアイドル総出演の賑やかなPVで、ちょっと不気味な仮装やダンスなど、ハロウィンの大騒ぎを盛り上げる素晴らしいPVになっています。


 【MEIKO】ある記念日の風景【ののワさん】
告白Pによる得意のADVゲーム風テキスト動画で、Voc@loidM@ster作品でありながら、同時に「MEIKO生誕祭2009」動画でもあり、「ののワさん」の誕生日を祝う動画でもあります。この動画を見るまで、ののワさんの誕生日がMEIKOと同日だとは知りませんでした。というか、ののワさんに誕生日がある事を初めて知りました。
MEIKOがアイドルだった過去を振り返りつつも、ののワさんとの対話の中で現在の幸福を再確認するという、告白Pらしいちょっとジーンとさせるいい話です。ですが、ののワさんが怪しい動きをしつつも、ごく自然に良い話に混じっているのがシュールといえばシュールです。


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  Voc@loidM@ster祭り3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.08 (Sun)

Voc@loidM@ster祭り3作品ピックアップ・その2(雑記)

→「Voc@loidM@ster祭り3の作品ピックアップ・その1」から続き
色々立て込んでいて遅れてしまいましたが、引き続き祭りを追って行きたいと思います。
今回は、初日の作品からピックアップしてみました。
前回もそうでしたが、今回は特に初日に投稿が集中する傾向のようで、作品数もかなり多くなっています。




 【初音ミク】 蒼い鳥 【PV+MMD+アイマスREMIX】
アイマスの人気曲「蒼い鳥」のszak氏によるREMIXミクバージョンに、「カブキンP」がMMDでPVをつけた作品です。元作品も素晴らしいREMIXですが、このPVもMMDにアイマス作者ならではの洗練された演出が加わって、非常にレベルの高い映像作品になっています。背景もかなり凝っていて、REMIXの雰囲気とよく合っていますね。レベルの高いコラボ作品です。


 【人力Vocaloid】やよいロイド「ペヤングだばあ」
やよいの声を使った人力VOCALOIDによる「ペヤングだばあ」のカバーで、作者は「2番P」です。
軽快でありながらどこか物悲しい「ペヤングだばあ」ですが、実家が貧しいという設定のやよいに歌わせる事でより切実な歌になっているようで、やよいの悲劇を嘆くコメントで溢れています。イラストのなんともいえない表情も、実になんともいえません。今回も人力VOCALOIDは人気で、他にも多くの作品が投稿されています。


 【アイドルマスター】自分ルール【Voc@loidM@ster祭り3】
可愛い曲と独特のミクの歌声で人気になったなぎPの「自分ルール」に、やよいのダンスPVをつけた正統派のVoc@loidM@ster作品です。曲とキャラクターと振り付けが完全に調和していて、まるで最初からこの歌のために作られたダンスのようです。元曲がダブるのは毎回恒例ですが、今回はこの「自分ルール」が人気だったようでダブっていました。もう一つの「自分ルール」も、フル版でストーリー性を強調して作られた面白い作品です。


 【巡音ルカ】 KisS (English version)
アイマス公式曲で美希、響、貴音の持ち歌「KisS」の歌詞を英訳したものを巡音ルカでカバーした作品です。「渡り鳥P」による作品で、アイマス曲の中でも「エロ切ないという希少な属性を感じさせる」ので選んだそうで、ルカのアダルティなイラストや声とよく合っています。


 鏡音レンの口笛で「まっすぐ」【Voc@loidM@ster祭り3】
スナフキンPの得意とする口笛作品で、曲はアイマスの「まっすぐ」です。イントロ部分ではUTAUの雲之ツキも使用されているそうです。背景にはこれまでのVoc@loidM@ster祭りを盛り上げた作品達が思い出の写真として貼り付けられていて、なかなか良い演出のEDになっています。まだ終わってませんが。
「まっすぐ」はすっかり定番ネタになっていて、今回の祭りでもまっすぐを使った作品がいくつも投稿されています。


 【VOCALOIDM@STER】アイドルマスター rainbow case 【オリジナル曲】
この作品が初投稿という「ビビットP」の作品で、使用されているミク曲はこの動画が初公開の新曲「rainbow case」です。とても初投稿とは思えない素晴らしいPVで、素人目でも初心者とは思えないので少なくとも映像の経験はある人なんだと思います。作曲者の「どヒッP」もまだ2曲目の投稿ですが、独特の曲調と調教でこちらもとても新人とは思えない出来です。作風のよく似たPもいたので、有名Pの別名かもしれませんね。


→「Voc@loidM@ster祭り3作品ピックアップ・その3」へ続く


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  Voc@loidM@ster祭り3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.09 (Mon)

Voc@loidM@ster祭り3作品ピックアップ・その3(雑記)

→「Voc@loidM@ster祭り3作品ピックアップ・その2」から続き
今回は祭りの終盤、二日目と三日目の作品から。
これで第3回Voc@loidM@ster祭りは終わりとなります。今回は作品数で前回のVoc@loidM@ster祭り2よりも増えていましたが、規模は大体同じで安定しているようです。
今後も祭りが続いて、両ジャンルの作者や視聴者の交流のきっかけになると良いですね。

祭り用マイリスト



 【Voc@loidM@ster祭り3】「12 colors」ProjectDIVAx765pro Collaboration CM
「初音ミクProject DIVA」のTVCM風に作られたDIVA収録曲のアイマスキャラクターによるPVで、ヤマネコPの作品です。
15秒のCMサイズで12本分、アイマスオールスターが次々と登場する豪華な作品になっています。各キャラクターごとの選曲、服のチョイスもイメージピッタリで、PVとしても丁寧に作られているのがわかる名作だと思います。ロイツマはちょっと笑いました。


 アイドルマスター「FAIRYLAND(Short Ver.)」【Voc@loidM@ster祭り3】
流星Pの「FAIRYLAND」に伊織メインのPVをつけたもので、フグ田Pの作品です。
ちょっとアダルトでお洒落な雰囲気の曲に合わせて、伊織のストーリー性の強いPVがなかなか良い感じに嵌まっています。表情なども拘って作られているようです。


 真と雪歩と伊織がよっこらせっくす
タイトルはアレだが中身は名曲と言われるアゴアニキPの「よっこらせっくす」を使った、ボカマス作品です。真達のダンスが原曲イメージそのままで、短めの作品ですが結構好きです。作者は「ぐっさんP」です。


 UTAU三人娘でGO MY WAY!! 改【MMD】
今回のUTAU作品代表ということで。お馴染みのUTAU3人娘が、MMDでアイマスの定番曲を歌い踊っています。MMDのUTAUモデルは出来が良いですな。UTAU勢では他にも、モモやユフが出演する作品がいくつか作られていました。


 【ボカマス】みくぶる3【Voc@loidM@ster祭り3】
サラリーマンの哀愁漂うミクのブルース「みくぶる3」にのせて、765プロの事務員・小鳥さんをメインにした紙芝居仕立ての手書きPVです。シンプルで味のあるイラストが、元曲のゆるさとよく合っています。
小鳥さんは結局ニコニコ見て二日徹夜ですか・・・


 【ぼかます3】 まっすぐ feat.Vocaloid MEIKO 【反省部屋】
定番曲「まっすぐ」を、比較的真面目なちょいワルPがMEIKOでカバーしてMMDのダンスPVをつけた作品です。
バックで踊っている男キャラ「武田蒼一」はDS版アイマスの登場人物ですが、なぜかちょいワルPのお気に入りらしくこちらの動画では主演になっています。
また、ちょいワルPはこの「まっすぐ」でハロPと組んでもう一つ作品を投稿しています。一発ネタですが・・・


 【Voc@loidM@ster祭り3】歌に形はないけれど feat.三浦あずさ のハズだった!
Voc@loidM@sterの名物作者「ハロP」による人力VOCALOID作品です。あずさロイドで「歌に形はないけれど」を作る予定だったようですが、聞いて解る通り序盤のかなり早い段階で諦めたようです。ハロP・・・
途中から代役を務めるゆっくりの歌もさすがハロPだけあってかなり上手いですが、こちらも一瞬で終わってしまいます。人力VOCALOIDの最高峰といわれるハロPだけに期待していた人は多かったようですが、完全に時間が足りなかったようですね。残念です。


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  Voc@loidM@ster祭り3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.10 (Tue)

週刊VOCALOIDランキング#110 11/2~11/9


 週刊VOCALOIDランキング #110
○集計期間:11月2日5時~11月9日5時
○集計方法:再生数+コメント数×補正値+マイリスト登録数×20
 (補正値…ポイント合計に占める再生数+マイリスト数の割合)
○集計対象:RSS版公式ランキングより
 【カテゴリ合算】
  再生・コメント・マイリスト各1000位内
 【VOCALOID】【音楽】【演奏してみた】
  再生・コメント・マイリスト各100位内
(投稿者コメント)


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  VOCALOIDランキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.11 (Wed)

MEIKO生誕祭2009ピックアップ・その3(雑記)

→「MEIKO生誕祭2009ピックアップ・その2」から続き
少し間が開いてしまいましたが、「MEIKO生誕祭2009」の続きです。
参加資格がかなり緩いためもありますが、今年のMEIKO生誕祭には200を超える多数のバラエティ豊かな作品が参加して盛り上げてくれました。ランキング改変の影響もあったのか全体的に再生数が伸び悩んでいたようでしたが、今後MEIKOの代表曲として語られるような名作も生まれていて、いい生誕祭になったと思います。
来年のこの時期には新しいファミリーも大幅に増えていそうですが、ボーカロイドの長姉としていつまでも愛されていて欲しいですね。
今回は、ネタ系・PV系など歌以外がメインの作品と祭り遅刻組の中から個人的に気になった作品を貼ってみたいと思います。




 【MEIKO生誕祭2009】MEIKO消防学校校歌【コラボ本編】
ポチP・呑んだくれP・田中KeNTさんのコラボ作品です。
消防団員のMEIKO達が、消火現場の厳しさと命の尊さ(?)を歌い上げています。まあ、ただの仕事の愚痴にも聞こえますが、妙に息ピッタリのハモリやコーラスが印象的で、曲調と歌詞のギャップが面白い作品です。いったいネタなのか真面目なのか・・・
消防学校の校歌という事ですが、校歌っぽいのは極一部だったような気がします。


 【大人&ちびカイメイカバー】-ハト-【PV(ピクニックビデオ)】
MMDによる「ハト」PVです。
MEIKO、KAITO、ちびMEIKO、ちびKAITOの一家が丘へピクックに行くストーリー仕立てになっていて、家族のほのぼのとした交流や歌う様子が丁寧に作られています。
登場するキャラクターは、どれも既存MMDモデルを改造して製作中の新モデルのようです。特に咲音ではない大人MEIKOのモデルは今のところ定着しているものがなく、この動画に出演しているクオリティの高いMEIKOモデルの完成を心待ちにしている人も多そうです。


 【MEIKO生誕祭2009】 「秋」 コンサートホールより
キオ式咲音メイコを使って「六角大王」でモーションをつけた3DダンスPVです。
MMDと比べると動きが付けづらく大変な時間がかかると言われる六角大王ですが、かなり自然にキオ式メイコが動いています。衣装チェンジなども凝っていて、2曲目のピアプロ投稿のMEIKOオリジナル曲「Days」では表情も細かくしっとりと聴かせます。
アンコール曲のキューティーハニーは製作中で、また一年後だそうです。大変だなぁ六角大王


 めーちゃんはカワイイデスヨ杯(ばんえい競馬:2009/11/7)
北海道で11月7日に行われたばんえい競馬「めーちゃんはカワイイデスヨ杯」の映像です。
一見何事かと思ってしまいそうな名前ですが、レース名は個人スポンサーになると付ける事ができて、スポンサーは一万円~ということなので結構手軽になれるようです。この「めーちゃんはカワイイデスヨ杯」もMEIKO生誕祭を記念して個人スポンサーが付けた名前です。場内アナウンスや実況でこの名前が堂々と呼ばれるのは何か可笑しいですが、よく聞けば馬の名前も微妙に変だし、過去には「みくみく杯」や「とかちつくちて杯」なども行われたそうなので「めーちゃんはカワイイデスヨ杯」ぐらいなら珍しくないのかもしれません。


 ガラス細工でMEIKO生誕祭(2009)
非常に珍しいガラス細工を使った生誕祭作品です。
MEIKO誕生前の物語である前作の続きになっていて、LOLA・LEON・MIRIAMに見守られて生まれてきたMEIKOが、自分の後に誕生した弟妹達に囲まれて共に歩き、誕生日に花を贈られるシンプルなストーリーの動画です。すこし抽象的ですが、ガラスの花がとても綺麗で、一人で歩み始めたMEIKOが次々と生まれる家族達に囲まれていく様子にジーンと来ます。とても味のある、素晴らしい作品だと思います。


 【MEIKO】rosy moment【オリジナル】
ピアノメインの大人なMEIKO曲を得意とする冬沙さんと、独特の掠れた歌声のMEIKOで知られるfunctionさんのコラボで作られたMEIKOオリジナル曲です。
切ない大人の曲と、掠れた歌声のMEIKOが合わさって実に雰囲気があります。イラストや動画も多数の絵師によるコラボで作られていて、さすがに凝っていますね。ちょっとイラストの人数多すぎる気もしますが、そこは生誕祭記念コラボなので、それぞれのお祝いの気持ちが詰まっているのでしょう。
MEIKOならではの歌で、素晴らしい生誕祭作品です。


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  MEIKO生誕祭2009  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.13 (Fri)

AHSの新ボーカロイド「miki」「歌愛ユキ」「氷山キヨテル」が判明(雑記)

新ボーカロイド「miki」の他に、あと2種類の新ボーカロイドが同時期に発売されるというYAMAHA関係者の発言が様々な推測を生んでいましたが、情報公開が予告されていた13日になり、注目の残る2種類の新ボーカロイドが発表されました。
また、AHSが新ボーカロイドを発売するという、メールマガジンの縦読みに仕込まれていた謎の情報についても同時に判明です。

「miki」も含めた3種の発売元は同じで「アーティストハウスソリューションズ(AHS)」(jamバンドの会社)
どれも12月4日に同時発売されます。新しいボーカロイドは、

VOCALOID2 氷山キヨテル
Amazonで詳しく見る

VOCALOID2 歌愛ユキ
Amazonで詳しく見る

VOCALOID2 SF-A2 開発コード miki
Amazonで詳しく見る

「公式サイト」
SF-A2 開発コード miki
ボカロ先生 氷山キヨテル
ボカロ小学生 歌愛ユキ

「ボカロ小学生」に「ボカロ先生」・・・まさに斜め上・・・
「miki」の中の人はフルカワミキさんで合っていたようですが、後の二人が同一シリーズではないかという予想は外れていたようです。3種同時発売ですが、「miki」と他の二つの方向性が違いすぎる・・・

色々予想外ですが、まずは発売元から。
AHSはDTMソフトの販売実績はあるものの、キャラゲーのようなグッズやドラマCDを特典につけた「jamバンド」に代表されるように、色々とフリーダムな販売戦略をとることで知られる会社です。その会社がボーカロイドを出すというのでどんな事になるのかと思っていましたが、「ボカロ小学生」「ボカロ先生」とは。パッケージに堂々と「ボカロ」という略称が載っているのも妙な感じです。
とはいえ、元々パッケージ以外は真面目で評価の高いソフトを売っている会社なので、中身まではっちゃけているということは無いと思います。

通販サイトなどに登録された製品情報によれば、氷山キヨテルは「VOCALOIDの開発に関わってきた実力派シンガーの歌声を元に制作した、優れたVOCALOIDです。撮り貯めた膨大なライブラリーと、新規に録音した音声により、精度の高い歌声を再現することができます。」とあります。
貴重な成人男性ボーカロイドで、VOCALOID開発から関わっていたという中の人の名前はまだ発表されていませんが、今のところ氷川きよし説、風雅なおと説などがあるようです。どちらも無さそうな気がしますが。
(追記・「比山 貴咏史」氏ではないかという説があるようです。名前も似ているし、ブログにそれらしい収録の記述もあります。ほぼ確定?)
AHSボーカロイドは最初からキャラクター設定が多く、この氷山キヨテルは「ボカロ小学生」歌愛ユキの担任の先生で、休日はロックバンドの活動もしているという設定が付けられています。
ボーカロイドキャラクターの伝統は意識しているようで、ちょっとこのサイズのイラストでは解らないですが、ネクタイピンがYAMAHAのサイレントベース「SLB-100」のデザインになっているそうです。

 【ボカロ先生】氷山キヨテル「翼」【デモソング】


 【ボカロ先生】聖地エルサレム【氷山キヨテル】


歌愛ユキについては、「実際の小学生を起用して制作された『VOCALOID2 歌愛ユキ』は、子供の声が持つ純粋さと、あどけなさを表現しており、リアルな女の子が持つ歌声を再現することができます。」とあります。
コンセプトがクリプトンで製作中の「project if...」と完全に被ってしまっていますが、すでにあるものを避けた結果の偶然だとは思います。しかし、ランドセルを背負った萌えイラストといい、タイトルで「小学生」を強調している事といい、キャラクター面や萌え要素をより前面に出していく戦略なんでしょうか? まあ、AHSらしくはあります。「project if...」の高性能と比べられるのは辛いところかもしれません。
ランドセルに刺さった縦笛っぽいものはYAMAHAの「ウインドコントローラー」のデザインになっています。

 【ボカロ小学生】歌愛ユキ「プチ魔女ラナちゃん」【デモソング】


 【歌愛ユキ】アグネス・チャンのTry Againを歌ってもらった【巡音ルカ】
後半の英語部分は巡音ルカが使用されています。


「miki」の製品説明もあり、「アーティスト「フルカワミキ」の生声を忠実に再現したボーカル音源です。VODALOID製品の中で、最も音域の幅を持つのがの特徴で、楽曲作成の幅が格段に拡がります。」となっています。
ここから解る新しい情報としては、中の人がフルカワミキさんで確定した事と、音域の幅の広さが特徴らしいということです。どうやら「SF-A1」と「A3」は無いみたいですね。今後アーティストエディションのシリーズとして発売されるのかもしれませんが、今のところなぜ「A2」が最初なのかは謎のままです。
他の二つと比べて明らかにmikiだけ異質ですが、mikiには「HEARTFAST」も大きく関わっているようなので、スタッフも違うのかもしれませんね。
「VOCALOIDS★X'MAS」の試聴(一部mikiではないボーカロイドの歌も入っています)で色々聞けますが、使い手によってかなり歌声の印象が変わるボーカロイドのようです。性能的には一番面白そうですね。
しかし、パッケージを見てはじめて気が付きましたが「SF-A2 開発コード miki 」全部含めて正式名称だったんですね・・・

 【SF-A2】±(ぷらすまいなす)【開発コード miki】


 【SF-A2 miki】大正九年 - 東洋の脳ミソ(1番のみテスト)



また、AHSは同じ12月4日にVOICEROID(ボイスロイド)「月読ショウタ」「月読アイ」という文章読み上げソフトも発売する予定で、こちらも萌えを強調した感じの少年と少女のキャラクター(7歳と5歳の兄妹)がパッケージです。こちらはYAMAHAのVOCALOID技術とは関係ない製品ですが、どうも3種のボーカロイドと同じ流れでの販売のようですね。どんだけ力入れてるんだAHS
ボーカロイドではありませんが、デモも貼っておきます。デモの画像はAHSの「CrazyTalk」で動かしているようです。
(追記)この技術の開発元は「株式会社エーアイ」ですが、エーアイのサイトにある音声合成のデモンストレーションで「あんず」「こうたろう」となっているのがそのまま「ショウタ」「アイ」なのではないかという話があるようです。このデモンストレーションを使えば、フリーでかなり自由に喋らせる事ができますな

Amazonで詳しく見る Amazonで詳しく見る

 VOICEROID 月読アイ&月読ショウタ 4連発



AHSのどのVOCALOID(とVOICEROID)も、より萌えを意識したデザインと名称のインパクトが今までのボーカロイドと大きく違う点でしょうか。キャラクターの設定なども最初からある程度決まっているようです。
キャラクターのイメージを固定しすぎると用途が限られてしまうのではないかというのはよく言われている事ですが、実際やってみた製品はこれまでありませんでした。
新しい戦略で参入したAHSボーカロイドの評価と売れ行きが気になりますね。
特典として「氷山キヨテル」と「歌愛ユキ」には、AHSの製品「Crazy Talk SE」「Music Maker体験版」などが付くそうです。相変わらずオマケが豪華ですな。


【AHS新VOCALOID関連雑記】
[10/27] 新ボーカロイドに関する情報の今のところのまとめ
[11/03] 豪華P達によるX'masソングCD「VOCALOIDS☆X'mas」発売
[11/04] 12月発売予定の新ボーカロイドSF-A2「miki(仮)」発表・声はフルカワミキさん?
[11/06] 新ボーカロイド「SF-A2 miki」と同時期に後2種類新型が出るらしい?


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.13 (Fri)

クリプトン「project if...」新しい少年声のデモ公開(雑記)

今日13日は新規参入したAHSの新ボーカロイドの発表が行われ話題になっていますが、クリプトンでも新ボーカロイドシリーズ「project if..」の新しい情報とデモが、公式ブログと新設された「project if...」の専用twitterで公開されました。

http://blog.crypton.co.jp/mp/upload/2009/11/boy_toraboruta.mp3


 新ボーカロイド「Project if...」 デモソング 少年声

このデモは少年の歌声で、前回公開された「崖の上のポニョ」のデモに匹敵する自然な声で歌っています。以前公式ブログで「project if...」シリーズで少年の声も収録したいと書かれていましたが、どうもtwitterやブログの書き方だと前回と同じDBを男の子風に調整した歌声のようです。リンとレンのような関係でしょうか。このDBの自然な歌声は中の人のVOCALOIDとの奇跡的な相性の良さによるものが大きいと語られていますが、その自然さは声を少年風に調整しても崩れないようですね。
少女に限定された歌声だと需要はどうなのかとも言われていましたが、リアルなだけでなく、思ったよりも応用範囲の広いボーカロイドになりそうです。
デモに使われている曲は「初音ミクAppend」のデモで使用されたのと同じ曲で、推測通り「トラボルタP」によって作られた曲でした。
トラボルタPは今回デモ曲だけでなくキャラクターのデザインにも関わっていて、ワンポイントアクセサリーなどのデザイナーとしても協力しているようです。
twitterでは「「Project if...」では、新しいデザイナーさん、イラストレータさん方と複数名にて、チームプレイでビジュアルイメージを作っていく予定です」と書かれていて、トラボルタPだけでなく複数の人が参加して、キャラクターデザインに関しても今までとは違う新しい方向性を目指しているようです。ブログでは「広義のキャラクター」という表現が使われていますな。
バリエーションDBなども製作中らしく多少予定よりも遅れているようですが、来週にはまた新しい情報が出るという事なので、楽しみに待ちたいと思います。



 新ボーカロイド「Project if...」 デモソング 崖の上のポニョ


【新VOCALOID「Project if...」関連雑記】
[10/26] クリプトンVOCALOIDシリーズの新展開「Project if...」発表
[10/27] 新ボーカロイドに関する情報の今のところのまとめ


(追記)「Project if...」の企画用イメージとして、この謎のデザイン画が公式twitterで公開されています。キャラクターそのものではなく周辺機器のイメージという事ですが、たしかに今までとは違う方向性のデザインになりそうですね。もう少し情報が出たら、またまとめて記事にしたいと思います。


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.14 (Sat)

深夜TV「お願い!ランキング」で毎週初音ミクの新曲が流れるらしいです(雑記)

13日深夜のテレビ朝日の番組「お願い!ランキング」内で、OSTER projectさんのミク新曲「PIANO*GIRL」が紹介されました。これは番組内の星占いコーナーのBGMとしてPVと共に流されたもので、初音ミクの簡単な紹介などもあったそうです。「CGで作られた仮想アイドル」という、あってるような的外れなような微妙な紹介だったようですが。
関東圏のみの深夜放送であり、告知もあまりされていなかったので見逃した方も多いと思います(自分も深夜なので見れませんでした)が、放映された新曲とPVはニコニコ動画にも投稿されています。
そして、投稿された動画「【初音ミク】PIANO*GIRL ~TV size PV仕様~」の投稿者コメントで、MOER原さんの名前で「お願い!ランキング 毎週金曜日に週替わりで新曲を紹介して頂けることになりました」と報告されました。
たまにある一回限りの特集のようなものだと思っていたのですが、実は毎週の星占いランキングコーナーのBGMとしてレギュラー化するという話だったようです。しかも、毎週新曲を紹介するとのこと。
「MOER」はVOCALOID系CDの販売などを行っている小規模なレーベルで、所属する作者は多くはありませんが有名P揃いです。(OSTER project、doriko、ジミーサムP、19's Sound Factory、ほんこーんさんなど) ミクFESでも「MOER」としてバンドを組んで参加していました。
選曲は今のところMOER所属Pが中心ですが、kzさんなどMOER以外からも選ばれるようです。
番組はテレビ朝日で毎週金曜深夜0:50~です。放送は関東のみのようですが、見られる人はチェックしてみると良いかもしれません。



 【初音ミク】PIANO*GIRL ~TV size PV仕様~
11月14日放送。作者は「OSTER project」さん、PVは「Yおじさん」、→フル版


 「飴か夢」 オリジナル曲 vo.初音ミク (ver.PV)
11月21日放送。作者は「doriko」さん、PVは「nezuki」さん


 初音ミクがオリジナル曲を歌ってくれました「Fly Out」 - TV edit -
11月28日放送。作者は「kz」さん、PVは「flapper3」


 【初音ミク】「Story」 19’s Sound Factory
12月5日放送。作者は「19’s_Sound_Factory」さん、PVは「三重の人」


12月12日の放送分は諸事情により延期になったそうです。(MOER原さんのTwitterより)

12月19日の回でもコーナーがお休みになるため放映はないそうです。(ちゃんねるMOERのお知らせより)しかも、もう年内は番組の放送自体がないようですね。来年はちゃんとコーナー再開してくれると良いんですが。

どうにもその後再開する気配はないようです。このままコーナーは消滅という事ですかね。MOER原さんの発言を見ても予定されていた終了ではなかったような感じですが、深夜番組とは言えいいかげんだなぁ 

2010/3/12深夜の「お願い!ランキング」で、ミクの日感謝祭ソロ・コンサートの様子が放送されるそうです。


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.16 (Mon)

Project DIVA Arcade楽曲募集結果発表&PV募集開始(雑記)

SEGAが開発中のアーケード版初音ミクゲーム「Project DIVA Arcade」(SEGA公式サイト)で使用される楽曲募集が行われていましたが、200以上の応募楽曲の中からゲームに採用される作品の正式発表動画が公開されました。
ノミネートされた12曲全曲について審査員からのコメントが入っていて、なかなか本格的です。さらに、後半は応募された全232曲のダイジェストになっていて、全応募曲が少しずつですが紹介されています。そのおかげで動画が30分近くなってしまっていますが、応募された曲に対するスタッフの姿勢が感じられて、いい発表動画だと思います。
募集要項では入選は5曲となっていましたが、応募多数につき10曲に拡大したそうです。その内5曲は予定通り年明けに行われるロケテストで使用され、後の5曲は製品版に収録される事になりました。応募作品にかなり良い曲が多く、有名Pなども参加していたため選びきれなかったようです。SEGAとしても予想以上の結果だったようですね。


 【Project DIVA Arcade】楽曲募集コンテスト結果発表!


そして今日から、この当選曲を使用した譜面付きエディットPVの募集も開始されます。
今回当選した5曲が公式サイトからダウンロードできるようになっているので、それを使ってProject DIVAで作ったエディットPVをニコニコ動画に投稿、再生数やマイリスト数なども考慮されて審査されるシステムです。詳しくは、公式サイトの「募集のお知らせ」を見てください。

ユーザーによる創作文化を尊重して18万近くを売り上げるヒットとなった「Project DIVA」ですが、そのアーケード移植版として注目される「Project DIVA Arcade」のユーザー作品募集もなかなかの反響のようです。
これは、来年行われるというロケテストや製品版の出来が楽しみになってきました。
そして、やはり家庭用ゲーム機での正式な続編にも今から期待です。



 【初音ミク】片想いサンバ【DIVA応募曲】


 【初音ミク】 サヨナラ・グッバイ 【です☆めた】


 【ミクオリジナル曲】崩壊歌姫 -disruptive diva-【ProjectDIVAac応募曲】


 【初音ミク】ZIGG-ZAGG【オリジナル】


 初音ミク 「ナイトメア☆パーティーナイト」


【初音ミク-Project DIVA-(新)関連雑記】
[2009/07/03] 初音ミク-Project DIVA-好評、プレイ動画も増殖中
[2009/09/28] 初音ミク-ProjectDIVA-(新)始動!?特設ちゃんねる(再)で楽曲募集
[2009/10/05] アーケード版初音ミクゲーム「Project DIVA Arcade(仮)」発表
[2009/12/24] ProjectDIVAの有料DLC発表・追加楽曲とハロープラネットのゲームなど
[2010/01/08] 「Project DIVA Arcade」ロケテストの動画が上がっていました


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  Project DIVA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.17 (Tue)

週刊VOCALOIDランキング#111 11/9~11/16


 週刊VOCALOIDランキング #111
○集計期間:11月9日5時~11月16日5時
○集計方法:再生数+コメント数×補正値+マイリスト登録数×20
 (補正値…ポイント合計に占める再生数+マイリスト数の割合)
○集計対象:RSS版公式ランキングより
 【カテゴリ合算】
  再生・コメント・マイリスト各1000位内
 【各カテゴリ別】
  再生・コメント・マイリスト各100位内

複数カテゴリ対応への影響を考慮し、今週は全カテゴリを集計いたします。
来週以降は変更になる可能性があります。
(投稿者コメント)


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  VOCALOIDランキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.18 (Wed)

ラマーズPアルバム今日発売&FM高松で「初音奔放曲」(25分)をフルで放送(雑記)

ラマーズP初のメジャーアルバム「EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF ラマーズP feat.初音ミク」が18日に発売され、それを記念してFM高松の番組「815 My Playlist」でCD収録楽曲の一つ「初音奔放曲」を放送する事が番組ブログで発表されました。
このラジオ番組は「FM815パーソナリティやスタッフをはじめ、地元の音楽業界人やクラブDJ、音楽通、さらに音楽好きなリスナーの自分だけのプレイリストを募集してOAして行く番組」で、過去にも初音ミク曲のプレイリストが放送された事があります。今回のリクエストは志満秀×ピアプロコラボ「みくせん」(関連雑記)を企画プロデュースした“マルチメディアコンテンツ制作者”もりりんさんによるもので、ラマーズPがみくせんのCDソング「ぱりぱっぱ」を作曲した繋がりでのリクエストのようです。
今ではミクオリジナル曲がラジオやテレビで流れるのもそれほど珍しい事ではなくなってきた感じがありますが、今回流される「初音奔放曲」は、人気の高いラマーズPの代表曲の一つであり、P名が付けられたきっかけの作品であるだけでなく、longver.が25分もあるというその長さでも知られています。
プレイリストをリクエストして放送する25分の番組で、流すのが1曲のみとは、思い切ったことをするものです。ラジオを付けたら25分間延々と「ぴっぴぴぷぅ〜♪」が流れ続けるとか、なんとシュールな・・・
実に楽しみです。
放送時間は19日の12:00~12:30 と 21:00~21:30の2回。残念ながら放送は高松のみですが、このサイトでストリーミング配信されているものを聞くことができるようです。
時間がある人は、この機会にラマーズPの名曲をラジオであらためて聞き返してみるのもいいかもしれませんね。
まあ、楽曲の中毒性に定評のあるラマーズPなので、普段から頻繁に動画でリピートしているという人も多いかもしれませんが。


EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF ラマーズP feat.初音ミクEXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF ラマーズP feat.初音ミク

ポニーキャニオン 2009-11-18
売り上げランキング : 87

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1. 1
2. 有言実行
3. 驫□~とりぷるばか~
4. lost angel
5. ストロベリー (Album ver.)
6. でんわにでんわ
7. ぽっぴっぽー
8. 目が覚めたら
9. ノスタルジア
10. 小さな世界に恋をして (Album ver.)
11. 笑顔にさせて
12. つよがり (オワタP-piano arr.)
13. ペケ印
14. 初音奔放曲
15. continued ~LamazeEdition~ (BONUS TRACK)



 初音ミク オリジナル曲「初音奔放曲」longver.


 「ぱりぱっぱ」/初音ミク


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.21 (Sat)

「悪ノ娘」2つの舞台化 公演日と詳細が発表されています(雑記)

先月よりサイトが作られて計画があることは知られていた人気物語曲「悪ノ娘」の舞台化ですが、正式な公演日時と劇場が発表され、同時に公式サイトもリニューアルされました。
→「悪ノ娘」について詳しくは「ドラマチックな悪ノ悲劇物語 悪ノP作品」
公式サイトで公開されている情報によると、

AG-ONE Produce X-QUEST 2010春興行
悪ノ娘~凄艶(せいえん)のジェミニ~
【原案】mothy_悪ノP
【脚本・演出】トクナガヒデカツ(X-QUEST)
【イメージイラスト】壱加
【特別協力】クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
【主催】株式会社AG-ONE
【企画・製作】株式会社AG-ONE/X-QUEST
場所:池袋・東京芸術劇場小ホール2
期間:2010年1月27日~31日
チケット一般販売:2009年11月29日(日)
価格:¥4,500(税込)

「悪ノ娘~凄艶のジェミニ~」公式サイトへ
「悪ノ娘~凄艶のジェミニ~」公式サイト

とのことです。その他の詳細やチケット予約方法などについては公式サイトを見てみてください。
原作者の「悪ノP」や原作イラストの「壱加」さんも協力している企画で、悪ノPのブログでも告知されています。協力にクリプトン社の名前があり、主催のAG-ONE社というのもドワンゴの関連企業のようなので、かなり公式に近い企画と言っていいかもしれません。

トラボルタPの「ココロ」舞台化に続いて、ついにもう一人の人気物語音楽作者・悪ノPの「悪ノ娘」シリーズの舞台も公演が決まりました。
「ココロ」は原曲の外伝的なストーリーでしたが、今回の「悪ノ娘」ではどうやら本筋のストーリーを舞台化するようです。悪ノPも関わっているということで、曲では語られなかった背景的なものも語られたりするのかもしれません。構想段階では全八章のストーリーだったらしいので、いくらでも膨らませられそうです。ファンにとっても期待のできる舞台化になりそうですね。


 舞台「悪ノ娘~凄艶のジェミニ~」告知ムービー


舞台化の情報自体は大分前から出ていたのですが、最近になって突然「舞台化決定!」というニュースが複数のサイトに載ったり、日時が記憶と食い違っていたりしてどうもおかしいと思ったら、悪ノ娘舞台化の計画は複数あって同時に進行していたんですな。ずっと情報を混同していました。
もう一つの企画は有志が集まって「悪ノ娘」を舞台化しようというもので、プロアマ混ざった参加者によって悪ノP公認の下「劇団ブリオッシュ」を結成、ピアプロでの参加者募集やニコニコ動画でメンバーによるパフォーマンス動画を投稿するなどの活動も行っています。以前から「悪ノ娘舞台化」として知られていたのはこちらの方ですね。
すでに公演予定日や劇場も決まっていて、現在は公演に向けて稽古を続けているようです。

劇団ブリオッシュ
悪ノシリーズ舞台化企画
~悪ノ×××~
公演日 2010年4月11日
会場 赤羽会館 講堂
チケット 2/11販売開始

劇団ブリオッシュ公式サイト「ブリオッシュの箱庭」へ
「劇団ブリオッシュ」公式サイト

企画を立ち上げたのが2008年11月ということでこちらの方が大分古く、かなり念入りな準備が行われているようです。「悪ノ娘~凄艶のジェミニ~」は企業(ドワンゴ)主体で、こちらの「~悪ノ×××~」はユーザー主体のコラボ企画という違いがあり、具体的な形にするには色々と困難もあったと思われます。
公演は少し先になりますが、こちらも応援したいですね。


 悪ノ×××【劇団ブリオッシュ】

悪ノPのブログの書き方だと、どの程度具体的な話なのかは解りませんが、この2つの他にも有志による舞台化の企画があったような感じです。
悪ノPの作品はミュージカル劇のようだと言われる事がありますが、それだけ「悪ノシリーズ」を実際の舞台で見てみたいというファンが多いのでしょうね。



 【鏡音リン】 悪ノ娘 【中世物語風オリジナル】


 【鏡音レン】悪ノ召使【中世物語風オリジナル】


【悪ノ舞台化関連雑記】
[2009/12/18] 悪ノ娘舞台版のCD予約開始・下田麻美さんによるカバーも収録
[2010/01/21] 2つの悪ノ舞台版・関連動画がそれぞれ上がっています
【関連記事】
ドラマチックな悪ノ悲劇物語 悪ノP作品


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2009.11.22 (Sun)

初音ミク初の海外公演? シンガポールでの初音ミクライブの動画(雑記)

すでに複数のネットニュースなどで取り上げられている「初音ミクの海外初公演」ですが、動画があったので貼っておきます。
正確には、シンガポールで21・22日の二日に渡って開催された日本アニメ系イベント「ANIME FESTIVAL ASIA(AFA09)」のライブイベントで、中川翔子さんや水木一郎さんと共に「初音ミク」も日本から招かれたという形で、ライブが行われました。ミク単独ではなくあくまでアニソンライブの一コーナーですが、ライブ会場には数千人が集まったということで、なかなか盛況だったようです。
ライブの形式はアニサマと同じ巨大スクリーンにDIVAミクが登場して歌い踊る形で行われたようで、曲は「みくみくにしてあげる♪」「恋スルVOC@LOID」「ワールドイズマイン」の三曲を歌っています。
できればミクFESの透過スクリーンでのライブを見て欲しかった気もしますが、それは無理だったようですね
会場ではコスプレコンテストなども行われていて、ボーカロイド系のコスプレの人も結構いたようです。
ニュースサイトの記事では、コスプレの写真やシンガポールのミクファンへのインタビューなども少し載っています。ボーカロイド動画はYouTubeに転載されて日本人以外にもそれなりに人気があり、台湾やスペインなどでボーカロイド系イベントが開かれている事は聞いたことがありますが、シンガポールにもファンがいるんですねぇ



 AFA09 30SEC TVC


 [AFA09] Hatsune Miku I Love Anisong


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2009.11.23 (Mon)

週刊VOCALOIDランキング#112 11/16~11/23


 週刊VOCALOIDランキング #112
○集計期間:11月16日5時~11月23日5時
○集計方法:再生数+コメント数×補正値+マイリスト登録数×20
 (補正値…ポイント合計に占める再生数+マイリスト数の割合)
○集計対象:RSS版公式ランキングより
 【カテゴリ合算】
  再生・コメント・マイリスト各1000位内
 【VOCALOID】【音楽】【演奏してみた】
  再生・コメント・マイリスト各100位内
(投稿者コメント)


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  VOCALOIDランキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.24 (Tue)

冬発売予定のボーカロイド系CD情報まとめ(雑記)

2009年秋には「歌ってみた」と絡んだものなども含め、多くのボーカロイド系CDが発売されましたが、12月にもまたCDの発売予定が集中しています。情報が多くて把握するのが大変なので、今回も発売予定と簡単な内容をまとめてみました。
記事のタイトルは「冬発売予定のボーカロイド系CD情報まとめ」としましたが、ほぼ「12月発売予定のボーカロイド系CD情報まとめ」です。多いです。年末だからでしょうか?
特にEXIT TUNES系のCDが12月中に3枚発売予定で、11/18に発売されたラマーズPのアルバムもあるので4枚立て続けの発売になります。しかも、どれも魅力的な内容なのでファンとしては嬉しくもあり(財布が)大変でもあり。
今回は、ボーカルにボーカロイドを使用しているCDだけをまとめました。
【他のCDまとめ記事】
[2009/12/30] 冬発売予定のボーカロイド系CD情報まとめ・その2
[2009/09/25] 2009秋発売予定のボーカロイド系CD情報まとめ・その2
[2009/09/14] 2009秋発売予定のボーカロイド系CD情報まとめ
[2009/07/17] 2009夏発売予定のボーカロイド関連CDまとめ



filmstockfilmstock
baker

ビクターエンタテインメント 2009-11-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.同じ空
2.ash
3.ドラマ
4.羽
5.カナリア
6.Terminal
7.celluloid
8.サウンド
9.kidd
10.違う空
「DVD」
カナリア

ash
celluloid
サウンド
ビクターから11月25日に発売されるbakerさんのアルバムで、DVD・CDがセットで発売されます。
OSTER projectさんやkzさんと並んで初期の初音ミクブームを作り出したbakerさんがいよいよメジャーCDで登場するということで、「VOCALOID史上最高のバラード(celluloid)」「VOCALOIDシーン最重要人物の中でメジャーデビューしていなかった最後の巨匠」など、ビクターの宣伝文句にもかなり力が入っているようです。
bakerさんといえば初期の「celluloid」がクリプトン伊藤社長のお気に入りとして名前が挙げられていましたが、今回のCDではYAMAHAのVOCALOID開発者・剣持氏による推薦コメントが付いているそうです。
半分の曲が書き下ろしで、新曲の中にはGUMIを使用した曲もあります。その他の曲も全て手を加えているということで、試聴版を聞いた限りでは元のバージョンとはかなり違う感じですね。「celluloid retake」以降使い始めたというペンタブ調教によるものでしょうか。
DVDもセットで、bakerさん独特の実写PVや古川PによるPVが収録されるようです。
→インタビューや他の曲の収録曲の試聴は「「filmstock」発売・bakerさんのインタビューやPV無料配信など」

 「カナリア」 retake song by 初音ミク【baker+古川本舗】



EXIT TUNES PRESENTS SupernovaEXIT TUNES PRESENTS Supernova

エグジットチューンズ 2009-12-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1. R‐18 / cosMo@暴走P
2. twinkle our days / Dios/シグナルP
3. 向月葵 / yanagi
4. 刹月華 / SCL Project (natsuP) feat.VanaN'Ice
5. Desire / otetsu
6. lost / 164
7. DREAMA / 線形ネコ型システム(くちばしP)
8. 君の全てを与えて / Re:nG
9. 脱げばいいってモンじゃない!/ デッドボールP
10. ずれていく / wowaka(現実逃避P)
11. clock lock works / ハチ
12. Blindness / Treow/逆衝動P (from ElektLyze)
13. Dancing男子!/ れるりり
14. うまい棒 / 乱数P
15. ヘリオポーズ / 卑屈P
16. キミボシ / 40mP
17. Starduster / ジミーサムP
12月2日発売の、コンピアルバムです。
EXIT TUNESの得意とするごちゃまぜのコンピCDですが、今回は人気作者達による全曲書き下ろし・全て新曲のアルバムです。相変わらずPの選び方が素晴らしく、最新の人気P揃い踏みといった感じのかなり豪華なアルバムになっています。
使用されているボーカロイド名は表記されていないので解りにくいですが、公開されている試聴動画を聞く限りではミク・リン・ルカ・MEIKO・がくぽなど、多彩なようです。
メジャーCD初収録のPも多く、かなり楽しみなアルバムです。
収録曲の内ニコニコ動画で先行公開されている曲は「EXIT_TUNES_PRESENTS_Supernova」タグで見ることができます。

 EXIT TUNES PRESENTS Supernova



EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF azuma feat.初音ミクEXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF azuma feat.初音ミク

エグジットチューンズ 2009-12-02
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1. One day?Good day! / azuma feat.初音ミク
2. Command:Cry / azuma feat.鏡音リン
3. ムゲンノホシゾラ(オープニング/ザ☆ネットスター!(NHKBS2))/ azuma feat.初音ミク
4. あなたの歌姫 full ver. / azuma feat.初音ミク
5. 一冊のラブレター / azuma feat.初音ミク
6. 花渦 / azuma feat.初音ミク
7. Wonderful word / azuma feat.初音ミク
8. 隠レテ横カラ飛ビ恋慕 / azuma feat.巡音ルカ
9. Happy fruit! / azuma feat.初音ミク
10. ←FULL AHEAD→ / azuma feat.初音ミク
11. Love Game / azuma feat.KAITO,鏡音レン
12. ストロベリー BKA-MIX / ラマーズP&azuma feat.巡音ルカ
13. One day?Good day!(Ryu☆ Remix) / azuma feat.初音ミク
14. もーっと!Happy fruit! / azuma&デッドボールP feat. 初音ミク
15. あなたの歌姫(8ch-arr.)/ azuma&164 feat.初音ミク
azumaさん初のメジャーアルバムです。発売が12月2日に変更になりました。
azuma(ボクP)さんは最初期の名曲「あなたの歌姫」の作者として有名で、NHK「ザ☆ネットスター!」のOP・ED曲を手掛けたり、初音ミクProject DIVAにも楽曲を提供して人気になっています。また、「ボクP」としてUTAUオリジナル曲やネタ曲も多く作っている多彩なPです。
今回のアルバムでは、Ryu☆、8ch、デッドボールP、ラマーズP、164など、他の人気P達とのコラボも収録されているようです。
このCDは「ラマーズP」「164」のアルバムと共に「EXIT TUNES初音ミク三部作」としてキャンペーンが展開されており、三枚揃えると、
1「初音ミクイラスト入り豪華3作品収納CD-BOX」
2「ラマーズP、azuma、164の楽曲PVを収録したオリジナルDVD」
3「初音ミクオリジナルジャケットクリアファイル3点」
といった豪華特典が貰えるそうです。

 EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF azuma feat. 初音ミク



護法少女ソワカちゃん 覚の巻 【Amazon.co.jp限定盤】 [DVD]護法少女ソワカちゃん 覚の巻 【Amazon.co.jp限定盤】 [DVD]

AMC 2009-12-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

波浪!!ソワカちゃん花まつり 護法少女ソワカちゃん第1話(その1)
闥婆城奇譚 護法少女ソワカちゃん第1話(その2)
はすのうてな 護法少女ソワカちゃん第1話(その3)
秘陣閃耀降魔 護法少女ソワカちゃん第1話(その4)
赤き胎海をめぐりて 護法少女ソワカちゃん第2話
再生と法滅のあいだ 護法少女ソワカちゃん番外編
香巴拉の門 護法少女ソワカちゃん第9話
機械居士かく語りき 護法少女ソワカちゃん第10話(その1)
南無666 護法少女ソワカちゃん第10話(その2)
一蓮托生なり三兄弟護法少女ソワカちゃん番外編
コードネームは赤い数珠護法少女ソワカちゃん番外編
メリークリスマス in お寺 護法少女ソワカちゃん番外編
動画込み書き下ろし1曲+スペシャルアレンジ2曲付き
EDテーマ曲として一部で人気の高い「フォーク並びを徹底してほしい」の限定盤スペシャルバージョンを収録。
kihirohitoさんの仏作「護法少女ソワカちゃん」のDVD第二巻が12月9日に発売予定です。
Amazonのみで販売される「2000枚限定盤」と「通常盤」があり、内容も多少違うそうです。
一巻は予想以上の売れ行きで急遽生産数を増やしていましたが、個人的に好きな「はすのうてな」「南無666」などが収録されている今回の二巻もかなり楽しみです。本編も佳境に入ってる(?)ので、信徒の一人として今後も注目したいと思います。

 南無666 護法少女ソワカちゃん第10話の歌(その2)



ダンシング☆サムライダンシング☆サムライ
mathru

ディーエムピーレコード 2009-12-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1. ダンシング☆サムライ
2. ドライブ
3. JackKnife
4. うろこロード(がくぽVer.)
5. バトンパス
6. Happy Time
7. Drop out
8. なすがすき
9. 雪の降る街
10. 一富士二鷹三茄子
11. Asymmetric World
12. Episode.0
12月16日に発売される、カニミソP(mathru)のアルバムです。発売元はディーエムピーレコードで、ドワンゴ関係のレーベルのようです。
「がくっぽいど」がメインとなる初のメジャーアルバムで、当初はボーマスで販売される予定で告知もされていたのですが、急遽メジャー流通に切り替えられたようですね。
「ダンシング☆サムライ」といえばあまりにも有名ながくぽの代表曲で、そのインパクトでがくぽのイメージにも大きな影響を与えた名曲です。気の抜けるシュールなパッケージイラストもカニミソPによるもので、タイトルが「ダンシング☆サムライ」な以上、たしかにイラストもこれしか考えられませんな。

 「 神威がくぽ がオリジナル曲『 ダンシング☆サムライ 』を唄う」の巻



RAINBOW SNOW~オーロラにえがいたLove Letter~RAINBOW SNOW~オーロラにえがいたLove Letter~
王族BAND feat.初音ミク

日本クラウン 2009-12-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1. 願い星
2. ロミオとシンデレラ
3. 雪が解けたら
4. ドラゴンキラー
5. ミクのクリスマス・イヴ
6. えれくとりっく・えんじぇぅ
7. wings
8. Fire◎Flower
9. from Y to Y
10. エアーマンが倒せない
11. ミクのクリスマス・イヴ(アコースティックver)
12. えれくとりっく・えんじぇぅ(アコースティックver)
12月16日に日本クラウンから発売される、「王族BAND」のDVD付きCDです。
王族BANDは、ニコニコ動画の「演奏してみた」ジャンルの人気奏者「海賊王」(ギター)、「ティッシュ姫」(ベース)、「インテル王子」(ドラム)によるユニットで、編集による合奏動画で共演した事をきっかけに結成されて、HNの共通点からバンド名が付けられました。ニコニコ系のライブイベントなどに多く出演していましたが後に「王族BAND」としてプロデビューを果たし、ファーストアルバム「ロイヤルストレートフラッシュ」を発売しています。
今回のCDでは初音ミクの人気曲と書き下ろし曲をミクが歌って「王族BAND」が演奏する形になっていますが、元々ボーカルのいないバンドであり、ミク曲も多く演奏しているメンバーなので、ミクをボーカルに迎えたCDを出すのも自然な流れかもしれません。
ジャケットのイラストは「トップをねらえ2!」「創星のアクエリオン」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」などのデザインを手掛けた人気イラストレーター「okama」氏によるものです。
公式サイトで試聴ができます。

 God Knows...(夢の合演 Ver.)
王族バンド結成のきっかけとなった動画。荒れがちなのでコメント非表示推奨。



EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF 164 from 203soundworks feat.初音ミクEXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF 164 from 203soundworks feat.初音ミク
164 from 203soundworks

エグジットチューンズ 2009-12-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1. 1st music(Album ver.)/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
2. sleeping beauty(Album ver.)/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
3. before catastrophe/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
4. prismatic color/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
5. forbidden canvas(Album ver.)/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
6. heavenly blue(Album ver.)/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
7. piano/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
8. the end / 164 from 203soundworks feat.初音ミク
9. planetarium(Album ver.)/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
10. line(Album ver.)/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク&ゆよゆっぺ
11. anonymous bigname(Album ver.)/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク&ゆよゆっぺ
12. afterall(Album ver.)/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
13. unused impulse(Album ver.)/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
14. shiningray(Album ver.)/ 164 from 203soundworks feat.初音ミク
15. good bye monochrome / 164 from 203soundworks feat.初音ミク
「ぼかんないんです><」に似たペンタブ調教を駆使した神調教で知られる、「164」さんのアルバムも12月16日にEXIT TUNESから発売されます。
デビュー作「shiningray」はデビュー初投稿でボカラン2位を獲得した衝撃の名曲でしたが、他にもドラマチックな盛り上がりと生々しい調教が特徴の「VOCAROCK」曲を多く作っています。
使用しているボーカロイドは初音ミクで、一部の曲ではボーカロイドPにして人気歌い手でもある「ゆよゆっぺ」さんが参加しているようです。
これも「ラマーズP」「azuma」さんのアルバムと共にEXIT TUNES初音ミク三部作キャンペーンの一枚になっています。

 EXIT TUNES PRESENTS THE COMPLETE BEST OF 164 from 203soundworks feat. 初音ミク



Miku-Ro Adventure!Miku-Ro Adventure!
エイプリルズ feat.初音ミク

P-VINE 2009-12-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1. ステンレスガール(初音ミク by PENGUINS PROJECT)
2. COSMO '80s(初音ミク by PENGUINS PROJECT)
3. パン・ダ(初音ミク by awk)
4. キ・ラ・メ・キ・ムーンダイバー(初音ミク by HMOとかの中の人。)
5. タイム・アフター・タイム(初音ミク by PENGUINS PROJECT)
6. ASTRO(初音ミク by HMOとかの中の人。)
7. サントス通りで恋をしよう(初音ミク by PENGUINS PROJECT, awk)
8. SHINE×SHINE×SHINE×SHINE(リミックスコンテストグランプリ作品)
12月23日に発売されるCDで、人気テクノポップ系インディーズバンド「エイプリルズ」の楽曲を初音ミクがカバーします。エイプリルズの4年ぶりのニューアルバム「BACK TO THE FUTURE MUSIC」が発売されるのを記念して企画されたようです。
エイプリルズについて詳しくは知りませんでしたが、Wikipediaによれば「1980年代の万博・SF等のレトロフューチャー的価値観をテーマに、電子音とギターポップを融合させた「懐かしさと新しさを感じさせる音」が特徴」とあるので、ボーカロイドとの親和性は高いのかもしれません。
ミクに歌わせるのは「PENGUINS PROJECT(思春期P)」「awk」「HMOとかの中の人。」の三人で、いずれもミクの調教技術に定評のある有名P達です。かなりクオリティの高いカバーが期待できそうですね。


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド系CD情報まとめ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.25 (Wed)

「filmstock」発売・bakerさんのインタビューやPV無料配信など(雑記)

filmstockfilmstock
baker

ビクターエンタテインメント 2009-11-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前回「冬発売予定のボーカロイド系CD情報まとめ」でもお伝えしましたが、bakerさん初のメジャーアルバム「filmstock」がビクターから今日発売されました。DVDに収録される新曲とPVのいくつかはすでにニコニコ動画で先行公開されていて、どれも素晴らしい作品になっているのでまとめて貼っておきたいと思います。
また、「filmstock」発売に関連するその他の情報も同時にまとめておきます。
公式サイトでは全収録曲の試聴や、DVD収録の「カナリア」PV無料配信も行われていて、音楽系ニュースサイトでも取り上げられているようです。
他にも、「ピクシブ通信」では、CD発売にあわせてbakerさんのインタビュー記事が掲載されています。

「filmstock」公式サイト(音が出ます。全曲の試聴とPV無料配信はここから)
CDJournal.comニュース「“初音ミク”が歌う無料PVが話題!」
ピクシブ通信「VOCALOID史上最高のバラードがCD化――新たなVOCALOIDシーンを切り開くbaker氏に聞く」

CDJournal.comでは、無制限のPV配信がメジャー初ということで記事に取り上げられています。
そんなに突飛な発想でもないと思うのですが、どうして今まで無かったのかというと、商品化される楽曲はJASRAC登録が常識だったからのようです。JASRACに登録するとなんでも有料になってしまいますからね。
インタビューでは、CDにキャラクターを使っていない理由や、曲作りの拘りなどについて語られています。「サウンド」が野菜売り場でカブを買いながら思いついた曲だったとは・・・
今回のCDではVOCALOIDの調声も今までとは大きく変わっていて、全体的によりリアルな表現になっているように感じました。これについてもインタビューで語られていて、「celluloid」retake版から使うようになったペンタブによる手書き調整によるものだそうです。曲によっても調声を変えてあるようなので、大変な手間がかかっていそうです。
この調声で、また新しいbakerさんの曲をニコニコ動画で聞けることを期待したいですね




 「羽」 song by GUMI


 「違う空」 song by GUMI


 「カナリア」 retake song by 初音ミク【baker+古川本舗】


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.28 (Sat)

「ボカロ先生」の中の人が「比山貴咏史」さんではないかという説について(雑記)

まだ名前の明かされていない「ボカロ先生 氷山キヨテル」の声の担当者ですが、プロでありスタジオミュージシャンとしても活動している「比山 貴咏史(ヒヤマ・キヨシ)」氏なのではないかという説が言われ始めています。発端は「YouTube板VOCALOID議論隔離スレ」での書き込みからのようです。
比山貴咏史さんは、CMソングの作曲や、ボーカル・コーラスのスタジオミュージシャンとして多くの作品に関わったベテランで、ソロアルバムCDも出しているプロのシンガーです。特にコーラスでCDやCMソングの仕事を多くしている方のようですね。関わったCMソングは2000曲近くとか。(比山貴咏史さんのブログ)


比山貴咏史説の根拠はいくつかあり、
・27日にYAMAHAのVOCALOID公式Twitterでのコメントで、「キヨテルの中の人については、www.vocaloid.com を隅から隅まで見ていただければヒントがあります」 → www.vocaloid.comからリンクされているこのページの一番下の方にVOCALOID1のデモンストレーションイベントに出演する比山貴咏史さんの名前がある
・公式サイトによれば、氷山キヨテルの中の人はVOCALOID1開発時の音声提供者。通常は商品化されなかった音声提供者の名前は公表されないが、2003年当時の2chVOCALOIDスレのログに上のデモンストレーションイベントに参加した人のレポートがあり、比山さんが「vocaloidにサンプリング音声を提供したひやま氏」と紹介されていた事が書き込まれている
・名前の一致。 ヒヤマ・キヨシ → 氷山キヨテル
・比山さんのブログの9月7日の記事にある「さ~て!今週から特殊な録音セッションが続きます..」という部分。これがVOCALOIDのDB収録とすれば、時期的には自然

さらに、比山さんの歌声のサンプルと、同じ曲を松尾Pがキヨテルに歌わせた比較用のサンプルが作られていました。


 1月にはChristmas
ちょっと長いですが、この動画の13分ごろからの歌が比山さんのようです。

そしてこちら。松尾P作・キヨテルによる比較用サンプル
(松尾Pによる記事)

たしかに似てますね・・・


まだ噂段階ではありますが、少なくとも「氷川きよし」説や「風雅なおと」説よりは大分信憑性がある気がします。写真やプロフィールを見ると、比山さんはかなり渋い感じのベテランシンガーのようですね。
まあ、いずれ正式に発表されればわかる事ではありますが、中の人予想も発売直前ならではの話題ですな。


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  ボーカロイド雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.11.30 (Mon)

週刊VOCALOIDランキング#113 11/23~11/30


 週刊VOCALOIDランキング #113
○集計期間:11月23日5時~11月30日5時
○集計方法:再生数+コメント数×補正値+マイリスト登録数×20
 (補正値…ポイント合計に占める再生数+マイリスト数の割合)
○集計対象:RSS版公式ランキングより
 【カテゴリ合算】
  再生・コメント・マイリスト各1000位内
 【VOCALOID】【音楽】【演奏してみた】
  再生・コメント・マイリスト各100位内
(投稿者コメント)


人気ブログランキングへ ←押してもらえると励みになりますm(_ _)m

テーマ : ボーカロイド ジャンル : 音楽

EDIT  |  VOCALOIDランキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。